2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 帰ってきたらファンタジーが個人的に如何に面白いのかという雑記 | トップページ | 今週は旅行です。〜週末から山梨にいません〜 »

2014年5月25日 (日)

体重計から考える未来

ああ、これは素晴らしいニュースですね。

 

日本初!タニタがiPhoneとデータ通信できる体組成計を発売
 
スマホと体重計の連動というのは、世界中で考えられてたはずの出来事なんですよ。

 

色々な障害があって出来なかったと聞いてたのですが、できるようになったのかー。とても感慨深い。

 

この分野には色々な展望があります。タニタがどこまで考えているのかはわからないのですが、もしこの「体重の変化」と病気の関連を結びつけられたなら日本の医療はより大きく飛躍する可能性がある。

病気の発症に対する体重の変化のアプローチというのもひとつの視点にあるのですが、それだけではなく、病気を予防するためにこういうシステムの確立は重要です。

 

いま日本の消費税は8%になって毎日、あれが高くなったこれが高くなったと話題です。この原因のひとつに医療費による財政の圧迫というのがあります。

 

医療費減らず最高37兆円に 後発薬・入院短縮空振り

 

まぁ、こういうニュースみても思うのですが国も医療費は頑張って削減したいとは思ってるんでしょうね。

 

医療費ほど金を食う制度ってのもそうそうありません。

 

とはいえもう出来上がってる制度を崩すのも容易ではないでしょう。日本だからこそ治療できるって人もいるわけです。

 

ぼくも難病の治療のために日本に来た人を見たことがあります。日本の制度は良くも悪くも国民に手厚いみたい。

 

だからこそ、財政を圧迫していく。

 

これから求められるのは「安く治す」だけではなく如何に「予防」していくのかだと言われてます。(ぼくの周りではよく聞くけど、世の中でどれくらい言われてるかはわからんが…)

 

っていってもね、何のデータもなく「こうしたら体にいいですよ」とは言いづらい。

 

だからこそ膨大な数の健康な人のデータを集めると「やはりこれが体にいいんだ!」とわかる。

 

タニタのこういう取り組みはドンドン拡大していくんじゃないかと思います。

 

次に出てくるのは「病院と体重(日日の変化)の連携」とか、「個人情報の取り扱いの問題」とかではないだろうか。

 

最終的には毎日体重計(朝と夜)に乗ることで、「〜な疾患の危険があるので病院を受診してください」などというSFな出来事になってくのかもしれない。

 

いやー、妄想すると面白いです。

 

さて、今日はこれくらいで…

 

 

« 帰ってきたらファンタジーが個人的に如何に面白いのかという雑記 | トップページ | 今週は旅行です。〜週末から山梨にいません〜 »

変化していく世界に思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226196/56305905

この記事へのトラックバック一覧です: 体重計から考える未来:

« 帰ってきたらファンタジーが個人的に如何に面白いのかという雑記 | トップページ | 今週は旅行です。〜週末から山梨にいません〜 »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン