2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月26日 (土)

『劇場版まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』をネタバレ有りありでワケがわからないところすべて解説してみた

『劇場版まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』みました。

                                         
         

魔法少女まどか☆マギカぴあ (ぴあMOOK)

           

新品価格          
¥1,200から            
(2013/10/26 07:02時点)

        

  

現在26日の4時です。なぜか甲府では最速上映をしてくれたので、ありがたい。甲府の映画館があんなに混んでいるの見たことなかったよ。

今回はネタバレを気にしないので、映画未視聴のひとは見てからにした方がいいですよ。 

ちなみに、『[新編]叛逆の物語』を観る前に「劇場版まどか☆マギカ(前編・後編)」を見るのがオススメです。どうやら、今回の映画はTV版の続編ではなく映画版の続きらしい(パンフの監督コメントより)

ストーリーの大筋は同じだけれど構成や演出に微妙な違いがあるので映画版を見てからいくと物語にのめりこみやすくなると思います                                       

         

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]

           

新品価格          
¥6,819から            
(2013/10/26 07:03時点)

        

  

さて、それではネタバレ全開の感想トークを始めるとしましょうか。

   

まず序盤の感想

まず思ったのは、「これはちゃんと続きものなのだろうか?」という不安でしたね。一から作りなおしてくれてもいいんだけれど、そうすると映画の見方を変えないといけない。もしかしたら新エヴァのように「ゼロからやりなおした」ものかもしれない。いくつかの可能性を念頭に置きながら映画を見始めました(物語の把握まで複数の可能性を検討しながら見るのって普通だよね)。物語の中盤でほむほむが前回までの記憶を取り戻してくれたので、「あ、続きものなんだ」とわかって、それからはそのスタンスでのめり込むことができました。 

序盤に何があったのか

「ナイトメア」という怪物のいる見滝市に「暁美ほむら」が転校してくる。その街には4人の魔法少女がいてナイトメアと戦っている。「暁美ほむら」は5人目の魔法少女として戦いに参加することになる。忙しいけれど平和な日々が続く中ほむらは違和感に気づく。「なにかが違う」と。 

ちょっと笑った

5人が「まっとうな魔法少女モノ」をやっているのが笑えましたw 

変身ポーズのシーンはなかなか破壊力がありました。ところどころ不安なエフェクトを感じながらも、魔法少女らしい魔法少女をしていて「やればできるんだなぁ」って感想が浮かんできましたね。

   

中盤にあったこと

京子に相談して「現在が作られた状況」であることを認識したほむら。更なる独自調査をしているなかで浮かび上がってきたのは、巴マミのよこにいる「ベベ」。前シリーズの「お菓子の魔女」の姿をしているベベを疑ったほむらはベベを殺そうとする。しかし、それにマミが抵抗をみせて戦闘になる。戦いは一進一退を極めるが、さやかの乱入によって中断する。そして、その後の会話でさやかが消え去ってしまった「魔女」の存在を覚えていることが判明する。消え去った魔女を覚えているさやか。概念となったはずなのに存在する「鹿目まどか」。そのことを考えていった結果、ほむらは「自分こそが魔女」で「今回の事件の元凶」だったことを知る。そして架空の見滝市は崩壊していく。 

中盤の感想

なかなかの情報量でした。途中でほむらが元凶であることは予測していたので、このまま「ほむらが元凶でした~、テヘッ」って終わり方になったらちょっとシラケてしまうなと心配でした。でも流石ですね。そこから先が怒涛の展開だったので「ハンパなこと考えてしまってサーセン!」ってなりました。まさか、あんな展開になるとはねぇ・・・ 

後半にあったこと

ほむらが魔女だった。しかし魔女になる直前に「円環の理=鹿目まどか」がソウルジェムを浄化してくれる。だから世界に魔女はいないはずである。その理由はやはり「インキュベータ(QB)」だった。ほむらを世界の理から隔離することで魔女化の実験をしていたのだ。目的は「まどかの浄化」を無効化して魔女化のエネルギーを回収出来るようにすることだ。あとはまどかによるソウルジェムの浄化を見届けるだけである。しかし、ほむらはそれを拒む。まどかを危険に晒すくらいなら魔女になって自壊することを選ぶ。そのときQBの目をかいくぐって動く一団がいた。さやかを筆頭に「円環の理の向こう」にいる者達が「QBの魔の手を退ける」ことと「ほむらを浄化する」ことの両方を達成しようと動きだした。 

後半の感想

いやぁ、さらに情報量が多いです。ここでは3つの勢力があるんですよね。 

ひとつは「ほむら」。彼女は、過去の記憶を背負って偽りの世界を抜けだそうとする。しかし実はその元凶が彼女自身。魔女化の直前です。QBとの会話で言った「戦いに疲れただけがソウルジェムの濁った理由ではない」という台詞は、後の展開の伏線になっています。

ふたつめは「QB」。やはり愛くるしいだけの存在ではいてくれなかったw。今回もっとも「味方ではない」存在。ほむらを隔離して「魔女化」と「ソウルジェムの浄化」の実験を行っていた。この試行錯誤の果てに「まどかの浄化を無視して、魔女化のエネルギーを抜き取る」のが目的。一番目的がシンプルな存在です。質問したらきちんと答えてくれるのには笑いました。言うんだっ!?って 

みっつめは「円環の理とその屋台骨を支える魔女軍団」。さやかやベベ(なぎさ)を中心に動いていた一派。QBの暗躍を防ぎながらもほむらの浄化をしようとしていたのがこいつらです(ちなみにまどかは記憶喪失なので、さやかが軍団長ともいえるw)。「浄化された」ことによって「円環の理の外」にあるので、魔女の記憶などを持っています。さやかちゃんがここまで黒く動けるとはwなぎさはひたすら可愛いですね。まさか未練が「チーズ」とは思いませんでした。ナイトメア浄化のお茶会でもチーズチーズ騒いでいたのがそこまで重要だとは・・・

(4つ目として巻き込まれた一般人がいる。マミや京子もここに数えられます。さやかやなぎさの暗躍によって彼女たちは3つ目の勢力に取り込まれることになる。裏で動くのって大事ですね) 

この三大勢力(とくに後ろ二つ)が「画面の外」でいろいろ暗躍していたことを想像できないと、この場面はアップアップになるかもしれません。台詞の端々から、各勢力の暗躍が窺い知れて面白い面白いw

   

そして最後にあったこと

まどかたちの勢力によって「QBの謀略」を突破することのできた暁美ほむら。現実世界に帰ってきた彼女に待っていたのは「円環の理」による浄化。遂にまどかとほむらは対面する。そしてまどかがほむらを浄化しようとした瞬間、ほむらは反旗を翻す。「ずっと、このときをまっていた」。そうして「叛逆の物語」は始まる。ほむらは魔女を乗り越え、「悪魔」となり、「円環の理」の一部を強奪する。世界の秩序が変化する。その結果まっていたのは、「鹿目まどか」の復活。世界のルールが変わって新たな日常が開始されることになる 

終盤の感想

難しいだろ!これ見た瞬間におもったのは「何割の人間がわかったんだろ!?」ってことでした。 

すごいことやっているんですよ。でも、これ難しいでしょ。あと、分かったとしても賛否両論になるよね。

今回の映画はギリギリなまでに圧縮されている印象です。だから、一言二言聞き逃すとわけがわからなくなるんじゃないかな。ちょっと、ぼくの理解する範囲で説明してみます。 

まず、どこがわからない?

第一のポイントがこれですよね。 

おそらく多くの人が引っかかったんじゃないかなって思うところをいくつか挙げてみると

  • QBが黒幕じゃないの?    
  • ほむらは何をしたの?    
  • なんで突然ほむらはラストでまどかを拒んだの?    
  • ほむらはなぜソウルジェムが濁ったの?    
  • 時系列がよくわからない
こんなところじゃないかなって思います。ほかに、映画の勢力関係とか疑問に思った人もいるかもしれないけれど、それは上で書いたのでヨシとします。ぶっちゃけ言って、ぼくはこの辺りが書きたくて今回の記事を書いたので、ここを書きます。ほかにわからないところとか「僕に答えられる」範囲なら答えるので、適当にしたのコメントやツイッター(こちらなら確実に気づく)で聴いてくれたらいいと思いますよ(まぁ、このブログ見ている人ってほとんどいないだろうから質問もないだろうとタカをくくっている)。 

そこで、順番に答えていくと  

  • 違います。今回QBは偶然居合わせただけのようなものです。実験対象にほむらちゃんを選んだのが運の尽き。ぼくは物語においてQBの果たした役割は「道化」のようなものだと見ています。    
  • 「魔女化」するときの膨大なエネルギーを用いてまどかを人間にしました。まどかが「魔法少女」となる時のエネルギーを用いて「概念」になったのと、対照的な行為です。    
  • むしろ本来の計画がコレです。元々「魔女化」のエネルギーを用いてまどかをこちら側に引き戻すつもりだったと思われます。途中QBのせいで計画を中断して「自壊」しようとしたけれど、さやかたちのがんばりのお陰で本来の計画に復帰できたのでしょう。    
  • ほむらのソウルジェムが濁ったのは「戦いに疲れた」のも理由でしょうが、それだけではありません。目的論的に話をするならば「まどかを人間にするエネルギーをえるため」だと思われます。これで「どうして(WHY)」濁らせたのかはわかります。ちなみに「どうやって(HOW)」濁らせたのかについては、想像になってしまいますね。単純にソウルジェムの浄化をしなかっただけかもしれません。あるいは、「戦いに疲れて一つのことしか考えられない」状態を「ソウルジェムの濁った」状態と考えるならば、「まどかを救うというひとつのことだけ考えている」状態も同じといえるのかもしれません。魔女化したら「かつての後悔と楽しかった記憶」しか思い出せないことから考えて、それに近い状態にあり続けるとソウルジェムが濁ると考えられます。
つぎに、時系列を書いてみましょうか(予想含む)。 

時系列  

  1. まどかが世界を変えて「魔獣のいる世界」に変わる    
  2. ほむらたん頑張る。頑張っている間にずっとまどかのことを考えている。どうやったらまどかをこちらに戻せるかなどを延々悩んでいたと思われます。    
  3. チャンスは自分が魔女化する一瞬。まどかとの幸福な記憶と失敗による後悔を噛み締めながらまどかを人間に引き戻す方法を考え続ける(ソウルジェム濁る)。結果、ほむらたん「魔女化の相転移エネルギー」を用いてまどかを人間に戻すことを思いつく。    
  4. 魔女化直前にQBに囚われる。魔女化実験のモルモットにされる    
  5. 今回の事件。魔女化の力で円環の理の内外からひとを引き込む。まどかもほむらの浄化のために結界に侵入。ほむらの影響により記憶を失う。同時に「円環の理の外」にいるさやかとなぎさも侵入。記憶を失ったまどかの代わりに、世界の秘密を探るなどの裏方を務める。QBはまどかの監視に務める。    
  6. ほむら転校。異常に気づく。調査。    
  7. ほむら真相に気づく。QBがまどかを「観測」したらまどかが危険に曝されるので、自分の計画を破棄。魔女化して結界内部で自壊を望む。    
  8. さやかたちのおかげでほむらの「自壊」プランは破棄される。同時に結界を脱出。当初プラン「まどかを人間に戻すぞ計画」に修正を加えつつ、再復帰。    
  9. まどかがほむらを浄化しに来る。ほむら、まどかを射程に捉える。「悪魔化」による相転移エネルギーによってまどかの「人間部分」を強奪。世界の更新。オマケで魔女化したさやかやなぎさも引き戻してしまう。映画の終了時点に到達
   

全体的な感想

ぼくは、だいたいこんな感じで映画をみました。参考になれば幸いです。 

さいごに、全体的な感想を言っておきます。

今回は全体的に難しかったように思います。「概念」となったまどかを扱うのだから、難しくならざるおえないのですけれど、それでも相当数の人間が「わからなかった」というのではないかと思います。 

この映画は本質的には、「まどかとほむらのエゴ対決」序章のようなものだとみています。「まどか」と「ほむら」が同じ土俵にたつ話だと思っています。

前回まどかは「すべての魔法少女のため」に「人間から魔法少女化する時のエネルギー」を用いて魔法少女を救う「概念」となりました。それをみたほむらは「まどかは犠牲になった」と考え、まどかの逆に「魔法少女が魔女化するエネルギー」を用いて「まどかを人間に戻す」プランを実行しました。 

これっって、どちらもエゴなんですよね。まどかのやっていることは「魔女を生み出さない」という悲しみの輪廻を破るシステムになっているから一見ただしいように見えます。でも、その本質は「わたしがやりたい」っていう「自分の願い」に立脚しているんです。一方、ほむらはそれでは満足が出来なかった。自分が納得がいかない。だから「まどかの気持ちを無視」しても「自分の願い」を強行しようとした。

まどかとほむらは対比として描かれていて、両者のねがいが共存することはない。だから、これは長い長い「エゴ対決」の序章なんですね。 

ちなみに映画でほむらが記憶を失ったまどかと花畑で会話するシーンが在るじゃないですか。あれがほむらの「最期の決意」を後押ししたのだと思います。ほむらはまどかの「すべての魔法少女を救いたい」という願いの尊さを知っているんだけれど、それでも「ゆずれない願い」がある。それがまどかが人間として幸せな生を送ることなんですよ。

こういうふうに考えてみると、この映画はものすごく良く出来ているなぁって思います。 

この映画の大前提に「人の願いなんてすべてエゴなんだよ」っていうぶっちゃけた思想が透けて見えるのが、「虚淵さんらしいなぁ」なんて思ったりしています。

映画の内容がいいか悪いかといえば、ちょっと判断がつきませんね。 

ほむらはまどかの願いを自分の願いで塗り替えたわけですが、それを一概に悪いともいいとも言えない。好きか嫌いとも言いづらい。ただ、アリだとは思っています。

彼女たちはそういう選択をしたんだ、と。その願いは貴いものでしょうし、侵されざるものだと思います。 

前回のはなしでは「まどかのワンサイドゲーム」といったところが不満でもあったんですよ。なんだかんだ言ってまどかが願いを押し通したのは力を背景にした「ワガママ」という側面があるように感じられた。でも。今回はほむらの「叛逆」によってワンサイドゲームではなくなった。

まどかの願いは貴い。そして、まどかのねがいが貴いならばまた、ほむらの願いも貴いのではないか。 

そういう意味では今回の映画は満足でした。

胸に宿した願いがエゴによる「欲望」であったとしても、それを押し通す決意をかためたほむらがそこにいた。闇に堕ちても、叶えたい願いがあった。そのことを忘れてはいけないのかと思います。 

自覚的に悪である決意を固めたすがたは、貴いですね(ちょっとネギま!を思い出しつつ)

 

(あ、ちなみに最終的にほむらはまどかに負けるんだろうなぁ、とは思うんですけれどね・・・汗)

                                         
         

魔法少女まどか☆マギカ コンプリート DVD-BOX (12話, 283分) まどマギ アニメ [DVD] [Import]

           

新品価格          
¥3,181から            
(2013/10/26 07:03時点)

        

  

                                       
         

魔法先生ネギま! コミック 全38巻完結セット (週刊少年マガジンKC)

           

新品価格          
¥16,239から            
(2013/10/26 07:05時点)

        

2013年10月21日 (月)

『のんのんびより』が事件も起こらないくせにめちゃくちゃ面白い、たったひとつのワケ

『のんのんびより』が素晴らしかったので、簡単に言いたいことを箇条書きにしてみます

  • 背景が綺麗!田舎の美しさをみごとに描き出している。しかも近くのものは詳細に描いて、遠くのものはぼやかして描いている。
  • テンポがいい!

ほぼこれだけ。これだけしかないアニメなんですが、これが素晴らしい。

のんのんびより 6 (アライブ)

新品価格
¥550から
(2013/10/21 01:44時点)

 

認識の風景を描くということ

このアニメでぼくが一番感動したのは、ラストの次回予告が居間のテレビに映っているところです。これをみて、「この監督はわかっている!」と感動をしました。この感動がうまく言語化出来なかったのですが、土曜日にいずみの(id:izumino)さんの米澤嘉博記念図書館『相田裕「GUNSLINGER GIRL」 改造と再生の10年展』でのトークイベント「変わりゆく『GUNSINGER GIRL』の描写を読む」を聴いて、やっと理解出来ました。

ぼくは、この作品のキャラクターたちが「単なる萌えキャラ」の枠からちょっとずれていると感じていました。

それはラストの居間のテレビに映る次回予告からも感じる出来事でした。しかし、どうしてそのような感覚を得るのかがよくわからなかった。で、ずっと考えていたのですが、さっきやっとわかった気がします。

つまり、このアニメの本質は「背景」にあるのです!

このアニメで背景の果たしている役割は大きい。それはいずみのさんがGUNSLINGER GIRLのキャラクターは背景によってキャラクターの多様性を得たのだというお話と同じなのです(これはいずみのさんのトークを聴いてのぼくなりの理解です)。

先ほどこのアニメは、近くのものは詳細に、遠くのものはぼやかして書いてると書きました。友達のかんで(@kande-takuma)さんの指摘によれば、「キャラクターも若干ぼやかしている」とのことです。

これって、つまり、「ぼくたちがみている(認識している)光景」を描いているってことですよね。カメラで見る風景と記憶の風景は違うじゃないですか。アニメでは「記憶(認識)の風景」をえがいているのです。

 

キャラクターが人間になる(唯一性を得る)

ぼくたちは、僕たち自身がみる日常の光景の延長としてキャラクターを見て理解する。それこそ、近所の子どもを見るかのように蛍ちゃんたちを理解するってことです。

この認識の差は、大きいのではないかと思っています。

ただの「萌えキャラ」は消費されて終わります。でも、人間は消費しきれるものではないでしょう。

なんなら横の友達やご近所さんを見てみるといい。ひとは彼らを消費すべき「モノ」としては扱っていないだろうし、仮に消費しようとしても消費しきれない「背景」をその人達は背負っている。

この点が物語的な「キャラクター」(=シンプル)と「人間」(=複雑)の違いだと思う。

『まおゆう』などは、それを「コンテクストの積み重ね」で補っているのでしょう。「テンプレ」から外れるのはどれも、初期からの登場人物たちです。物語が進むほどに「結果をだしてきた」積み重ねが彼らを、単一の存在にしていきます。

そういう意味ではチャンピオン連載のマンガ『ANGEL VOICE』も同型です。「サッカー版ROOKIES」と思われた本作品も、34巻の積み重ねがあります。それにより、彼らは唯一性を手に入れています。今週の一話は、『ANGEL VOICE』のなかでも屈指の名シーンだと思うのですが、物語的にはありふれたシーンなのですよ。でも、そのありふれたものがなぜ僕たちに感動を与えるのかといえば、そのシーンを繰り広げている皆が積み重ねによって得られた唯一性をもっているからです。知らない誰かが苦しんでいても、大変だな、ですます一方、知っている誰かが苦しんでいるのを見れば涙するのが人間です。

そのような唯一性を得る手法として、『のんのんびより』や『GUNSLINGER GIRL』は背景を用いたということです。

 

なにも起こらないけれど、面白い。それは事件がなくても人間が面白いのと同じ理由

『のんのんびより』は「ぼくたちの認識の世界」を描いています。だからこそ、アニメで流れた(あるいは、アニメを見ている)時間というのは、「彼らと過ごした(対話)した時間」に等しい。

アニメで一日がすぎれば、圧縮されたにせよ、ぼくたちは彼らと一日を過ごしたという認識を得る。

それは彼らを「消費される(=何処にでもいる)存在」から「唯一の存在」へと変容させる。

ぼくはこの世界でもっとも面白いのもののひとつに「人間」があると思う。人間を眺めていると、そこに特別な事件がなくても、面白い。『のんのんびより』のキャラクターは人間性を獲得した。だからこそ、『のんのんびより』のアニメは「なにも起こらないのに楽しい」。これはフィクションというより、ドキュメンタリーに近い。

ぼくたちの日常の延長に「かれらがいる」ことを感じさせるのだ。

それを象徴するのが、「居間に映る次回予告」だと思っている。最終話では、皆でお茶でも飲みながら次回予告見ているのではないだろうか。

わー、わたしうつったー。あたいもー・・・

そんな光景が目に浮かぶようだ。

2013年10月 2日 (水)

閃の軌跡買っているよ

英雄伝説 閃の軌跡 (限定ドラマCD同梱版)

新品価格
¥8,200から
(2013/10/2 01:47時点)

買ったよ-


まだ序章しかやれていないのですが、さきのことを思うとワクワクして仕方ないです

英雄伝説 空の軌跡FC:改 HD EDITION

新品価格
¥3,254から
(2013/10/2 01:47時点)

2013年10月 1日 (火)

角川の電子書籍サイトBOOKWALKERの本を82.5%オフで買う方法(本日10/1限り緊急)

こんにちわ。現在角川の電子書籍サイト『BOOKWALKER』でやっているセールが凄いので、緊急でご紹介です。

その名も

オールKADOKAWAフェア! 
本日10/1に限り角川作品全品 半額 そして1000円につき500円キャッシュバック!!
これだけでも凄いのですが、さらに以下の手順を踏むと最大82.5%OFFになります

また、これを書く前に『神さまのいない日曜日』の入江君人先生のサイトを参考にしています。
読んでおくといいと思いますよ。
さて、BOOKWALKERの書籍を大幅値引きで買う方法ですが、手順は簡単。
1.BOOKWALKERのサイトに行ってアカウントを作る(アカウントのあるひとは省略)。
2.BOOKWALKERの電子商品券FANパスをクレジットカードで購入する。(1枚一万円)
現在販売してるのはFANパスautumn(A)(B)(C)のみです。グーグルの検索ではautumn(C)以外の購入サイトが見つかりにくくなっております。以下からFANパスを購入することをお薦めします。入江先生の記事にもありますが、本をいっぱい買う人ならばFANパスを複数枚購入するのがお薦めです。
Fanパスを複数持っている場合、所持数に合わせて付与率がUPします。
1枚:+5%、2枚:+10%、3枚:+15%
つまり、3枚持っていると10000円につきポイントが1500円還ってきます。
3.再度BOOKWALKERのサイト(PCでログイン:スマホならPC画面で入るべし)に行き、半額対象商品を選んで買うべし買うべし!
1号館はラノベ・コミック館、3号館は一般文芸・雑誌館となっています(2号館はその中間)。キャンペーン対象商品は、それぞれ目的の館で<KADOKAWA作品一覧>とでているので、そこから検索してください。
4.本を購入する(FANパスを買ったときについてくるWEBマネー使うのを忘れずに)
購入する前に、右上のマイページ(クリック)→購入特典(右サイドにいる)からFANパスのWEBマネーの番号を確認しておいてください。あとは購入する時に、webmoneyを選び、番号を打ち込んでください。
5.スマホやタブレットで電子書籍ライフをたのしむ!(以上!!)
iOSやアンドロイドには専用のアプリがあるので、ダウンロードしてください。
快適な電子書籍ライフをたのしんでください!!

『神さまのいない日曜日』Blu-ray 1

新品価格
¥6,090から
(2013/10/1 15:25時点)

<コメント>
ちなみにぼくは今日だけで三万円も本を買っています。
全部半額商品なので、本来ならば六万円するものを買っていることになりますね。
六万円→三万(50%オフ)→更に半額15000円分キャッシュバック(25%オフ)・ポイント付与が4500円分(7.5%オフ)
つまり本来からすると合計82.5%オフになっている(はず)
あと、キャッシュバックで還ってくるポイントはブックウォーカーでしか使えないので「そんなに本は買わない」というひとは御得にならないかと思います。ご注意を。
ぼくが買ったのは『放浪息子』や『イムリ』『プリズマイリヤ』『ココロコネクト』『まおゆう』etcで合計100冊ほど。全部あげているときりがないくらいあります(笑)

まおゆう魔王勇者 5あの丘の向こうに 特装版

新品価格
¥1,890から
(2013/10/1 15:17時点)

ココロコネクト プレシャスタイム (ファミ通文庫)

新品価格
¥651から
(2013/10/1 15:18時点)

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第1巻 [Blu-ray]

新品価格
¥5,905から
(2013/10/1 15:18時点)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン