2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「熱い」松岡修造の作り方教えます | トップページ | 本年もお世話になりました »

2012年12月31日 (月)

アニメ『K』からみる現代の変遷について

スタイリッシュ抜刀アニメ『K』の最終回を見終えました。これが素晴らしかった。『K』には「抜刀」「ホモのテーマ」「あんこ」「先が見えない」・・・さまざまなフックがあります。ぼくたちはこれをネタとして楽しむのですが、そこから『K』が何故たのしいのかについて思いつきを書いてみます。

K vol.1 [Blu-ray]

新品価格
¥1,950から
(2012/12/31 01:09時点)

仮定:この話で前提として仮定される出来事

1.現在せかいは並列化へとシフトしている

2.従来の作品は「物語」が優先された

今回から思考の前提となる仮定をおいた上で文章を書くこととします。研究的な意味では前提知識を証明したうえで「ただしく」考えなければいけないのですが、これは研究ではなく思考実験(っぽい遊び)なので、数学的な意味での「定義」に近い事象として「仮定」をたててはなしを進めていくとします。

結論:『K』はとても現代的な作品である

ここでは『K』が現代の申し子なのではないか、という思いを連ねてみます。

さて、13話を見た時に『K』のコメントに面白い言葉がありました。曰く「結局どうなったの?」「最後までよくわからなかった」「ミュージカル~完~」。ぼくが気になったのは「ミュージカル」という言葉です。おそらくここでの『K』への「ミュージカル」表現は、「はなしの中身が無いオサレアニメ」という揶揄かと思われます。※2

引っかかるものがありました。そして用いる意味は違いますが、「『K』がミュージカル」というのは正しい指摘だとぼくは同意します。

『K』のさまざまなフックについて

冒頭でも書きましたが、『K』はさまざまな「ネタ」を持っています。毎週毎週さまざまなネタでぼくたちを翻弄してきました。それは同時期に流れていたアニメ『イクシオンサーガDT』にも通じるものがあります。

イクシオン サーガ DT 1 (初回限定仕様) [Blu-ray]

新品価格
¥5,238から
(2012/12/31 01:14時点)

13話ではこれを揶揄して「ミュージカル~完~」と書いたのでしょう。ところで、こういう「ミュージカル」と揶揄される作品は今までどれくらいあったのでしょうか。

ぼくの所感では、あまりなかったように思われます。

例外もあるので仮定2で定めたのですが、従来の作品では「物語」が「音楽」や「小ネタ」より尊重される傾向があったと思います。

だから物語を終わらした(ように見える)『カブトボーグ』などが話題になる。

人造昆虫 カブトボーグ V×V Vol.1~3セット おまけ付き [DVD]

新品価格
¥18,650から
(2012/12/31 01:18時点)

つまり「物語」はそれ以外の要素より高い位置を占めていた。これは作品の核(テーマ)がそこにあったからこその、決まるべくして決まった「地位」だと思います。

だからこそ話を前にすすめない「ギャグ」は「シリアス」な話より低い地位として扱われた。こういう「無意識の圧力(序列意識)」があったのではないか。

そしてその意識が『ブリーチ』や『テニプリ』『K』をオサレマンガ(アニメ)と揶揄させるに至った一因ではないかと考えます。※3

しかし時代が下ると、そういう意識もシフトしてきます。仮定1で示したのですが、「価値が並列」の時代がやってくる(フリーとかワークシフトとか・・・いろいろ説明している)

すると何が起こるか。

それが「エンターテインメントのシンプル化現象」である。

「ラノベは女の子がかわいければいい」は、その一例だと思う。その流れの中にいるのが「小説家になろう」や「ニコニコ動画」であると思う。エンターテインメントがシンプルになったからこれらが生まれたのか、これらが生まれたからシンプル化が促進されたのか。これは単純にはなしを出来ることではないと思う。おそらく相互に作用しているのだろう。

そして、現代での最先端に『戦国コレクション』『モバマス』がある※4

戦国コレクション Vol.01 [DVD]

新品価格
¥4,463から
(2012/12/31 01:13時点)

戦国武将を女の子にして「お米大好き!=羽柴秀吉」としたり「あるアイドル=ドーナツ好き!」という単純な一点に焦点を絞る。その一点だけを軸にして数千人がキャラクターを共有するようになる。

かつては「物語の共有」だったのが、「キャラクターの共有」となり、「ポイントの共有」へとシフトしたことになる。どんどんシンプルになっている。ちなみに「小説家になろう」「ニコニコ動画」は「場に存在する空気(前提知識)の共有」ということになるだろう。

このようにして共有するものはシンプルになってきた。

さて、『K』のはなしに戻ろう。

いままで「エンターテイメントがシンプルになってきた」ことを話題にしていた。この流れで見ると「作画廚」「設定厨」などがでてくることは、納得が行くと思う。

そして製作者側もそれに対応してきた。

ちなみにこの流れのおかげ(というのか、責任というのか)で「従来ならばエンターテイメントではなかった作品も、エンターテイメントの範疇に落としこむことができるようになってきた」とかんがえられる。

難解だとして先細りを続けるSFの系譜に『魔法少女まどか☆マギカ』があることや新本格の流れの傍流に『西尾維新』がいるのは、その一例だろう。

さまざまな要素が分解され、再結合されて現代のエンターテイメントがある。

そこで『K』である。「『K』がミュージカル」というのは、そういうエンターテイメントの要素が分解され、連続的に並べられた結果がミュージカルと同じだと思ったからである。

ぼくたちは「物語」を楽しんだつぎの瞬間に「音楽」を、「あんこ」を与えられる。

料理に例えてみると、『魔法少女まどか☆マギカ』が「既存のものを組み合わせた新料理」とするなら、『K』は「いままでより精密に組まれたコース料理」のようなものである。

ひとつの料理の味に飽きる前に、新たな味を与えられているようなものである。

そうして「瞬間的な快楽」を楽しみ続けているうちに時間が過ぎ去り、劇が終わる。

このような理由から、『K』はとても現代的である、と考えた。※5、6

ラスト

ぼくは『K』を見ていて、毎回満足を覚えていた。昔『鉄鍋ジャン』というマンガで、「おたま一杯のコース料理」という話があったのだが、あれを味わっているようだった。毎週毎週「あれ、すっげぇ満足」というのが不思議だったのだが、こういう考えをまとめるとかなり納得がいった。楽しかったわ~

DOG DAYS´ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

新品価格
¥5,130から
(2012/12/31 01:11時点)

※1 『K』の最終回みるのが遅かったな〜(遠い目

※2 ブリーチへの言及と同様の意味合い

※3 「褒め言葉」としてオサレ(それに類する言葉)を用いる人もいるだろうが、「ネタ」として扱われ易い傾向の要因がそういう「選別意識」にあったのでは、と

※4 『戦国パラダイス』ぼくは数話しか見ていない『モバマス』やってない

※5 同様に『DOG DAYS 2期』も扱えると思う。

※6 また、この話はエンターテイメントに限ったことではなく現代社会で重要な話だと思うのだが・・・まぁ、そのはなしはいいや

« 「熱い」松岡修造の作り方教えます | トップページ | 本年もお世話になりました »

つぶやき」カテゴリの記事

傑作」カテゴリの記事

思索的何か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226196/48538426

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ『K』からみる現代の変遷について:

« 「熱い」松岡修造の作り方教えます | トップページ | 本年もお世話になりました »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン