2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 今日の出来事 | トップページ | 『なれるSE』 7巻 目からウロコの?客先常駐術 感想 »

2012年8月 9日 (木)

強い願いが奇跡を起こす。『コイネコ』や『ネコあね。』5巻が日常と過去を積み重ねる理由について

ネコあね。(5) (講談社コミックス)

新品価格
¥440から
(2012/8/9 20:22時点)

奈良一平著。『ネコあね。』5巻を読了しました。

基本的には過去記事に書いている内容と共通していると思うので、そちらも参考にしてみて下さい。

過去記事

この物語は大きな物語とかがほとんどなく、その多くは日常的な積み重ねのみで構成されています。

物語的な嘘といえば「ネコが姉になる」という一点(チュー太郎もその流れ)のみであり、それ以外はダラダラとした日常が延々と続いていく。

「一年後にはネコの杏ちゃんは人間になれなくなる」という(物語上)大きな問題は立ちふさがっていますが、じゃあそのためになにができるかというと、別にできることは何もない。

ではそういう日常は無意味なのかというと、そうというわけではないはずなんですよね。

たとえば最近で同様の物語を思い浮かべると真島悦司著の『コイネコ』があります。『コイネコ』と『ネコあね。』ではキャラクターの中心にあるネコたちのプリミティブな衝動は異なるのですが、その物語の中心が「日常」に在る点では共通しています。

こういう日常の描写が多く取られる理由は、ひとつには「作者が描きたいから」というのは勿論あるのでしょうが、別な物語的な理由としては「絆の積み重ねを描きたいから」というのがあるかと思われます。

こういう奇跡の物語において、奇跡とは「与えられるもの」です。

なかには理由なく与えられるものもあるのですが(その場合は再契約がひつようになるかな)、理由があって与えられるものもあります。

『コイネコ』と『ネコあね。』の2作は理由があって与えられる物語となっています。

これらが奇跡を与えられた最たる理由に「何物にも代えがたい純粋な願いがあるから」というのがあります。

2作において、あえて単純化した公式を用意するなら、

奇跡を与えられる者=より強い願いをもつもの

という形になります。

そのため「日常」を強調して描くことは、キャラクターたちの強い絆を描くこととなり、それが「強い願い」の説得力となります。

特に『ネコあね。』は時折ものがたり中に過去の描写を差し挟みます。

これらの「時間の積み重ね」というのは、その願いが「時間という試練を経過したものだ」と読者にしらしめる効果があります。その結果、願いの強度はあがる。

今回の5巻で「頑張っている人は神様もみている」というラストのあとに、銀之介の過去のはなしを詰め込んだのも、演出上の効果で言うならばそういう意図を読み取ることができます。

ぼくはこの物語は、ネコの杏ちゃんの「感情」が好きなのですが、たまにはこんな事も書いておこうかなというのが今回の記事のコンセプトでした。

こういう「内的感情の発露」による物語はとても気持ちの良い衝動を放つ場合があります。

いやーー、今巻も素晴らしかった!

コイネコ(11) [ 真島悦也 ]

価格:560円
(2012/8/9 20:23時点)
感想(2件)

ネコあね。(2) [ 奈良一平 ]

価格:440円
(2012/8/9 20:23時点)
感想(1件)

« 今日の出来事 | トップページ | 『なれるSE』 7巻 目からウロコの?客先常駐術 感想 »

動画/読書レビュー」カテゴリの記事

小動物」カテゴリの記事

物語解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226196/46637785

この記事へのトラックバック一覧です: 強い願いが奇跡を起こす。『コイネコ』や『ネコあね。』5巻が日常と過去を積み重ねる理由について:

« 今日の出来事 | トップページ | 『なれるSE』 7巻 目からウロコの?客先常駐術 感想 »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン