2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« ただいまぁ。家にいない一週間だった。 | トップページ | おっと、コレ超傑作 »

2012年7月31日 (火)

『おおかみこどもの雨と雪』 語ることはあるけれど語ることへの情熱が沸かない作品でした(決して悪い意味ではないが)

おおかみこどもの雨と雪 (角川スニーカー文庫)

新品価格
¥580から
(2012/7/31 01:37時点)

※ ちょこちょこ子どもの名前を間違えているみたいです(笑)

先生の跡を継いだのは雨で、人間なのは雪です。

個人的評価 2

客観的評価 5

この記事の続き、というか補足についてがここに書いてあります。内容としてはおおかみこどもの演出の巧さやそれによって批判が批判でなくなることについてとかです。

いやー、すごかった。こういう作品に出会ったのは久しぶりですね。

なんといっても物語のストーリーにまっったく興味が起こらなのがすごかった!

じゃあ、この作品が駄作なのかというとそういうわけではないんですよね。きっと。

間違いなくこの映画は日本の映画の最前線にある。

なんていうのかな、

何処がどうすごいってちょっっと言いづらい部分はある。たしかに映像は凄いし、いろいろな突っ込みどころに対するカウンターも用意してある。

でも、それがこの物語の評価を決定づける要因には思えないんですよね。

たしかに重要な要素なんだけれど、それが絶対必要なものであるとはいえないと思う。

それはこの物語が群像劇?であることが大きな理由でしょう。

この物語はずっとキャラクターに寄り添いながら同時に俯瞰して描いている。だから花にも感情移入しづらいし、相手の父親にも感情移入しづらい。

話の冒頭から「これは~~」というように、成長した雪がナレーションをしており、この物語は過ぎ去った過去の、いわば思いでとか昔語りであることように作られている。

こういうギミックを用いることでぼくたちはせかいの中のキャラクターに寄り添わなくていいようにサれている(逆に言うなら、はじき出されていると感じる人もいるかもしれない)

とはいえ実感を伴って見れる人は感情移入できる程度のよわい弾き方である。

だから感情移入した結果「なんでこうするんだよっ!」とか「否定された!」「そんなことになるわけがない!」という反応が出てくることもあるかもしれない。

しかしそういう反応はこの映画に対しては見当はずれな批判であると考える。

それは先述の通りこの物語がキャラクターをちょっと離れた外から俯瞰したものであるからである。

だからこそ個々の出来事に対してその理由は敢えて描かれることは少ない。同時にキャラクターが客観的に知り得ない事実は、ぼくたちも知ることは出来ない。

また同時に外から見ているのでその心情は推し量るしかない。内面描写などもないので、キャラの心情は外面から、ぼくたちが普段相手と相対するように外から見てエられた情報から判断するしかない。

父親がなぜ死んだのか。それは、キャラクターが知らないから僕たちも知ることは出来ない。

韮崎のおじいちゃんがなぜ花を気に入ったのか。それは内面を描かれないからぼくたちには知り得ない。ただ僕たちが知ることのできるのは、花が聞き得た情報である「おじいちゃんが周りに面倒を見てやれ」といった情報とかだけである。

また花の心情。それも推測である。

しかし物語冒頭で「常に笑っている」というはなしを恋人にし、父親の葬儀のときにも笑っていたとある。

常識に言って悲しくないわけない。花が笑う時ってのは、つまり「嬉しい」とき「悲しい」時である。

笑っているからといって「悲しくない」とはならない。だから花の感情はそういう情報から「推測」するしかない。

作物が枯れたとき。夫が死んだ時。

花は笑っている。しかしその笑みは弱々しいものであり、そういう情報を読み取ることをぼくたちは要求される。

そういう意味でこの物語はとても「わかりづらい」ともいえる。

少なくともエンターテイメントか、と問われると うーん としかならない。

でもそういう側面がこの完成度を生んでいるとも言える。

ちなみに物語ラストで雪が先生の跡を継ぐ決意をしているとき、「あなたはっ・・・・!!」といって言葉をなくすシーンがある。

これは物語序盤で、引っ越すときに「この子達が狼と人間のどちらの道も選べるように」と言っていることときちんと符合する。

だから、彼女は「あなたは人間なんだから」ということが出来ず、ただ雪に対して請い願うしかなかった。

こういう彼女の心情をたどることによって、ラストの雪に「生きてっ!」という言葉の意味を感じることができるんだと思います。これは物語のあちらこちらに散りばめられているヒントを用いないと「わからない」ことでしょう。

彼女にはいろいろな葛藤があり、それを押しつぶしながら生きている。だから外からみていると彼女の苦しみってのは「よくわからない」

でも、10年間育ててきた息子との別れの瞬間、彼女の人間としての「別れたくない」「そばに居てほしい」という感情と「自由に生きて欲しい」という複雑な、人間らしい「矛盾した」感情がそこに見て取れる。

そして片方の感情に流されない、狼も人間も自由に選べるようにという、賢明な人間としての花をそこに見ることができる。

一方この物語の群像劇としてのはなしとして、同時進行の物語に「雪の物語」がある。

しかしこの物語もやはり俯瞰して描かれている。

キャラクターの内面に深く踏み込みすぎず、そして淡々と進む。

転校生の少年の家族は雪の知り得る範囲でしか知り得ない。これらの物語は基本的に「終わってしまった」物語であり、どうしようもすることが出来ないものである。。

このどうしようもなさに、むかつく人もいるだろうし、分からないでもない。だからボク個人も評価はそこまで高くはない。だって物語に興味が持てないのだから仕方ない。

あ、ちなみにカーテンを用いての「おおかみこども」をばらすシーンは素晴らしかったですね。

カーテンが雪を包むシーンは3度あり。

1度目は狼

2度目に人間に戻り。

3度目に、狼にも慣れる状況で人間のままである。

これは狼を選んだ雨と対比的である。

また、家の前の道、学校に行く(=人間を選ぶ)のは左、森(=狼を選ぶ)のは右になるようになっている。

こういう描写を繰り返したあと、雨と雪のケンカによって「狼」としての差を明確にしている。

人間を選ぶ雪が雨に勝てるわけはないんですよね。風呂場に逃げて鍵をかける文明をもちいた逃げが良かったです。

逆に学校のシーンでは学校に適応できる雪とできない雨が対比的に描かれている。一枚綴りでシーンをつないでいるのは、凄いと思いました。

もうひとつだけオマケを書くなら、この物語で「雨」ってのは別れの描写であるんですよね。夫との別離、雨との別れ。これらは雨のシーンに起こります。

うん。感情的には興味がないので、まったく熱がこもらない文章です。

しかし、一度は見ておくと言い映画ではあると思います。なんか、数年後にはトトロのように金曜ロードショーで定期的に放映されるようになりそうな気がします。

いや、子どもはおもしろくないだろうなぁ。見てみてよくわかった。

また細田監督の小説版と見比べると、映像のうむ効果がわかっていいと思います。

ちなみにぼくは、小説でのストーリーにはまぁぁったく興味がわきませんでした笑

おおかみこどもの雨と雪 オフィシャルブック 花のように

新品価格
¥1,680から
(2012/7/31 01:36時点)

おおかみこどもの雨と雪 絵コンテ 細田守 (ANIMESTYLE ARCHIVE)

新品価格
¥2,940から
(2012/7/31 01:39時点)

時をかける少女 や サマーウォーズ をみていると、ああ、こういうところを延ばしたのか。。。すっごいなぁ、と監督の変化に興味が持てるのも面白かった。

時をかける少女 【期間数量限定生産版】 [Blu-ray]

新品価格
¥2,910から
(2012/7/31 01:41時点)

サマーウォーズ 期間限定スペシャルプライス版 2枚組 [DVD]

新品価格
¥1,427から
(2012/7/31 01:42時点)

追記

ちなみにぼくが感情的に嫌だな、と思うところはシナリオ的に旦那さんが「殺される」ところですね。

これはね、ちょっと嫌なんですけれどね。

でもそれを批判するのは「意味が無い」んでしょう。

そしてこの物語で「こうではなかったIFの物語」というのは、語ることの意味があまりないだろうと思えるし、そうでなかった物語というのは「ありえない」話なんでしょうね。

見てて、そういうのがわかりました。その作品を嫌だと思うところは、その作品への突っ込むところではない。。。というか評価を下げるものではない部分や、評価をうむために用いられた部分だと思われます

« ただいまぁ。家にいない一週間だった。 | トップページ | おっと、コレ超傑作 »

傑作」カテゴリの記事

動画/読書レビュー」カテゴリの記事

思索的何か」カテゴリの記事

物語解釈」カテゴリの記事

関係性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226196/46522406

この記事へのトラックバック一覧です: 『おおかみこどもの雨と雪』 語ることはあるけれど語ることへの情熱が沸かない作品でした(決して悪い意味ではないが):

« ただいまぁ。家にいない一週間だった。 | トップページ | おっと、コレ超傑作 »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン