2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 紫乃先生〆切寸前! 2巻 見つけたので購入 | トップページ | めだかボックス 第11箱 「これで決着だ!!」 »

2012年6月14日 (木)

転生なろうの問題への一つの冴えた答え。『攻略なんぞされてたまるか!』をとおした肉体と性別の分類について。

先程なろうの『攻略なんてされてたまるか!』の最新話を読み終わりました。

これは前世で男だった主人公が、今世では女として生まれ変わってしまう物語です。もともと女の子が女の子として輝いているのが好きだった主人公(いわゆる美少女ウオッチャー)は自らの肉体のポテンシャルに気づいて、自分の肉体を最高の美少女に育て上げてしまいます。理想の少女の外見を持っているが、そのパーソナリティは「おとこ」である主人公の日常が舞台の本作です。

以下、ネタバレをしてしまうのでもし気になるならばなろうでこれを読んでから続きを見て下さい。

10数話しかないから30分もかからないと思います。

攻略なんぞされてたまるか!

で、今回おもしろかったのが「前世の自分と別れを告げる」

つまり男としてのパーソナリティから解放される物語であることです。

いままで物語中でつきまとってきた問題点に「この子って恋愛対象は男?女?」という疑問がありました。

作者としては「男の人格と別れをつげたから、これからは男と恋愛する(できる)ぜっ!」なのかもしれないけれど、結果的に面白い解釈をできる作りになりました。

どうおもしろいのかというと

これは、前世が男だったやつが女になったのではなく女の子が男の記憶を持って生まれてきたのだ!

という解釈ができるところです。

そうすることによって、以前あるところで聞いたなろうの転生に関するいくつかの問題点をクリアできるところにあります。

これは人間の精神の固有性の問題なんですね。

こういう解釈をとることによって、前世の記憶は道具としての側面が強くなります。もちろん記憶と人格は強く結びついたものです。だからこの主人公、空(そら)は「男とも女とも恋愛ができなかった」。どちらからしても中途半端なんですよ。

男である視点から見れば、女の肉体が男の人格を塗りつぶしていきます。

一方女である側面からは、記憶が精神を縛ります。

今回のものがたりを通して空は記憶と人格の区別がつくようになったと言えます。言い換えると空は記憶をインストールされた存在です。

いままでは男の記憶が男と恋愛する気持ち悪さを訴えてきました。

しかし記憶を道具=知識として捉えるならば、そういう感情的な見方とは「別」であることがわかります。

空は男が持っている知識と経験を記憶として有した女の子なのだ、ということになります。

それは男が女の肉体を持って生まれることとは異なります。

具体的な例を挙げると

後者男が女の肉体を持つ事例は『デルフィニア戦記』のリィがいます。

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)

新品価格
¥680から
(2012/6/14 02:02時点)

後に明かされることですが異世界から紛れ込んできた少年リィは異世界では女のからだを有してしまいます。常人を遥かに上回る肉体能力と精神力を有した彼は、友を王に据え世界をまとめあげる手伝いをしていきます。彼が女の肉体を有したのは作中の記述によると「ほんとうは女の肉体のはずが男として生まれたから安定を求めた」とあります。そうであるならばリィは「精神が肉体と乖離して決定されている」存在となります。

前者男の記憶を持つ女の子の事例は『天使な小生意気』や『革命の日』が挙げられます。

『天使な小生意気』は「攻略なんてされてたまるかっ!」と同タイプの物語です。

9歳の少年・天使恵は、幼馴染の花華院美木と遊んでいる最中、子供たちからいじめられていた魔法使いの格好をした老人を助けたことから、お礼として魔本「天の恵」をもらう。そして、その本から現れた小悪魔から「ひとつだけどんな願いでも叶えてやる」と言われた恵は「男の中の男にしてくれ」と頼んでしまう。しかし、恵は「男の中の男」ではなく、「女の中の女」つまり超美少女にされてしまった

それから約6年経ち、高校生になった恵と美木は魔本の手がかりを追って剣ヶ峰高校に入学。そこで、蘇我源造や藤木一郎、安田太助、小林一文字ら個性豊かな仲間達と出会う。彼らとの学園生活をテンポの良いコメディタッチで描写しつつ、彼らの前に立ちはだかる様々な障害や事件にまっすぐに立ち向かう様子、そして恵や恵に魅了された男達「めぐ団」の男らしい活躍と個々の人間的な成長を描いてゆく。

(Wikiより)

『革命の日』は16年間男として育ってきた主人公が「きみの本来の性別は女の子だった、てへっ!」と言われて女の子として再スタートする話です。1巻は女の子デビュー編。2巻は情緒開花編といえます。これはリィとは異なって「肉体に精神が付随」するタイプの物語と言えます。

革命の日 (ウィングス・コミックス)

新品価格
¥620から
(2012/6/14 02:04時点)

こういう物語は大きく分けて「精神と肉体が別」なものと「精神と肉体が結びついている」ものがあります。

後者もいくつか分類できるけれどそのひとつに、前者に似て非なるもので、「本来の肉体が女だからこそ女としてのパーソナリティを持っている」パターンがあります。これは肉体と精神が強く結びつきすぎたパターンです。

最期にこれを分類してみましょうか

  • 固有の精神を持っている・・・(精神と肉体の結びつき0)
  • 肉体によって精神が変化・・・(精神と肉体の結びつき50)
  • 真の肉体に精神が固定・・・・(精神と肉体の結びつき100)

多くの人間は真ん中にいると思います。

肉体に精神が依存し、精神は本来的には無性なのではないかな。

・・・さて、これから展開がヘタリそうで怖いです。山は超えたけれども大きくは変わらず、特殊な記憶(能力)をもつ独特な個性を保った美少女であり続けて欲しいなぁ。

これでただの恋愛小説になられると、辛いですね。

攻略なんぞされてたまるか!

 

追記

やっぱりTHE FIFTH WORLD ONLINEがすっげぇおもしろい!

それこそなろうせかいの理想の主人公を全てぶち込んだような話で好きです。

設定とつよさのインフレ具合が、、、、うわぁぁぁ、すっげぇ。

リアデイルとかより、好きですよ。ぼく

« 紫乃先生〆切寸前! 2巻 見つけたので購入 | トップページ | めだかボックス 第11箱 「これで決着だ!!」 »

動画/読書レビュー」カテゴリの記事

思索的何か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226196/45646107

この記事へのトラックバック一覧です: 転生なろうの問題への一つの冴えた答え。『攻略なんぞされてたまるか!』をとおした肉体と性別の分類について。:

« 紫乃先生〆切寸前! 2巻 見つけたので購入 | トップページ | めだかボックス 第11箱 「これで決着だ!!」 »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン