2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月14日 (土)

今日は東京~

友達のアッシュさんと呑もうかって話になっているので、東京に行ってきまーす。

移動中に読もうかと思っている本は次の3つ

エッセンシャル免疫学 第2版

新品価格
¥6,720から
(2012/4/14 10:11時点)

結構読みやすいけれど、頭に入りづらい~。時間がほしいですw

ブラック微生物学 第2版

新品価格
¥8,295から
(2012/4/14 10:11時点)

・・・微生物に興味が持てないけれど、これならなんとかいけるか・・・!?

細菌名とか分子構造が重要なのはわかるけれど、ぼくはそういうミクロな構造には興味が持てないんですよねー。。。で、この本はそれだけでなく微生物と社会・医学の各分野との関連に言及してくれているのがうれしいです。とにかくはやめに読みきってしまいたい。

七姫物語(2) 世界のかたち (電撃文庫)

新品価格
¥599から
(2012/4/14 10:12時点)

七姫物語はもう7年くらいまえに読んだけれど続きを読んでなかったので、1巻から読みなおしてます。

マクロな構造をミクロな視点から描いていて、うわー、とても好みです。この調子で7巻までいくなら自分の中で傑作確定ですね。

感想を書いていないのですが、先日『黄金の王 白銀の王』と同類の物語ですね。歴史の流れを個人がどう関わってくかを異なる視点で描いています。

黄金の王 白銀の王は、歴史の流れを変えるために個人がどう世界と釣り合いをとるかを描いている傑作です。ぼくの好みからはずれるのですが、完成度の高さがすさまじいです。

個人の幸せと世界の幸福をギリギリの線で境界している。

それにたいして七姫物語は、個人の幸せと世界の幸福が同じライン上にあるんですよね。これはとっても幸福な幻想譚で、ぼくはこちらのほうが好みです。

ただ両者とも世界と個人の関わり方が秀逸なので、どちらかが好きだった人は他方を読んでみてもいいと思います。

・・・・

さーて、東京に出かけようかなー

黄金の王 白銀の王 (角川文庫)

新品価格
¥860から
(2012/4/14 10:34時点)

2012年4月13日 (金)

魔法使いの夜届いたぁぁ!!

 

魔法使いの夜 初回版

新品価格
¥7,960から
(2012/4/13 09:41時点)

幸せですわ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン