2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« ぼくの見たネギま!を語ってみるよ~―「誰」に「なに」を届けたいのか | トップページ | ちはやふる16巻―綿谷新の帰還― »

2012年3月19日 (月)

言及し忘れていたのでメモ

さきほど氷結鏡界のエデンの9巻読了。

氷結鏡界のエデン9 決戦限界‐アマリリス・コーラス‐ (富士見ファンタジア文庫)

新品価格
¥651から
(2012/3/19 01:12時点)

この人の作品はデビュー作の「黄昏色の詠使い」から読んでいて、好きなのですが、思い出してみるとこの作品とネギま!の関連について言及し忘れていたなー、っての思い出しました。

そのうち記事にしたいなーっては思っているんですが、いかんせん黄昏色の詠使いを読んだのが結構前なのでねー。

そのうち読みなおした時にでも書きたいと思います。

一応ポイントだけ書いておくと

ネギま!のネギと明日菜がもっと「主人公」だったら、描かれていたであろうという物語ですね。つまりネギま!の(おそらく)けっして描かれない明日菜エンドのひとつの形だと思います。とても繊細で好きな物語ですね。ネギま!が「新しい」物語とするならその逆にとても「旧い」物語です。ネギと明日菜の関係が好きな方にはオススメな作品です。

 

イヴは夜明けに微笑んで―黄昏色の詠使い (富士見ファンタジア文庫)

新品価格
¥609から
(2012/3/19 01:15時点)

« ぼくの見たネギま!を語ってみるよ~―「誰」に「なに」を届けたいのか | トップページ | ちはやふる16巻―綿谷新の帰還― »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226196/44545550

この記事へのトラックバック一覧です: 言及し忘れていたのでメモ:

« ぼくの見たネギま!を語ってみるよ~―「誰」に「なに」を届けたいのか | トップページ | ちはやふる16巻―綿谷新の帰還― »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン