2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 祭り | トップページ | ポテトとアスラーダやレイジングハート »

2011年8月18日 (木)

西田幾多郎

ぼくはこの人についてまだ勉強が足りないので書くことはそれほどない。しかしこの人の主客未分という考えを習った時の、恩師の恩師の言葉を覚えている。
「絵の前に立つでしょ、そこでじっと絵を見つめるのです。そうすると絵とわたしの境がなくなっていき、ただ涙が流れる」
せかいというものが切り取られて現在がある。ことばはせかいを分断する。分断することで理解出来るようになったが、かわりにかけてしまったものも出てきただろう。主と客が未分であるものを志向するのはカオスであり、その分化を志向していくのはコスモスである。

« 祭り | トップページ | ポテトとアスラーダやレイジングハート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226196/41257209

この記事へのトラックバック一覧です: 西田幾多郎:

« 祭り | トップページ | ポテトとアスラーダやレイジングハート »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン