2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« Rewrite攻略開始しました | トップページ | それは人間の物語~コクリコ坂を見てきた~ »

2011年7月15日 (金)

アノ魔王が口下手で恥ずかしがり屋になって登場!~まおゆうの4コママンガが始まったよ~

ろんちさんのまおゆう4コマ(現在マジキューで連載中)が面白い。アノ魔王が口下手で恥ずかしがり屋になって登場!

ろんちさんといえば現在ニコニコで漫画を描いてみたで『マドケンX』を連載しており、その前はまおゆうのコミカライズをニコニコでしていた。このコミカライズがほんとうに見事な出来で序章で終わってしまったというのはとても残念でした。

そのろんちさんが今度は4コマにしてまおゆうをニコニコで連載。原作の面白さを見事に絵にしていた人だからこそ4コマへの期待が高まっていきます。

現在連載中のマドケンシリーズもギャグでありながらところどころではっとされるシーンが挿入されています。原作のまおゆうには(当たり前ですが)見どころのあるシーンが至る所にあります。この4コマでそういう原作の良さを活かしながらどのような異なる物語を提示してくれるのかがとても楽しみです。

ちなみにぼくは具体的に「どういう」ものがみたいとかは無いのですけれど希望としてはFATEに対するプラズマ・イリヤとらいあんぐるハート3に対する魔法少女リリカルなのはのような物語を見たい。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ (1) (角川コミックス・エース 200-1)

新品価格
¥609から
(2011/7/15 17:07時点)

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st<初回限定版> [Blu-ray]

新品価格
¥5,980から
(2011/7/15 17:08時点)

登場キャラは同じだけれどそのほとんどが再構成されており、それでいながら異なる世界の広がりを感じさせてくれる物語。

今回は性格以外は設定は同じだからまんまこのようになるわけれではないけれどキャラクターの性格が違えば絡みも変わってくる。だけれど原作と「同根の物語」。そんなことを望んでいます。

魔王様が恥ずかしがり屋になってしまい勇者もそれに合わせて性格がちょっと変化しています。メイド長も原作に比べ苦労が多そうです。きっとメイド姉も青年商人たちの性格も変わってくるでしょう。

この「ちょっと原作と違う性格の彼ら」がどのようにして「地平の果てを目指すのか」それをぼくはとても楽しみにしています。

追記

まおゆうの4コマといえばクラフトさんのゆかいじゃのうが思い起こされるが、あれを見ていると4コマというのは情報を削るのに、伝えたいものを伝えるのに適したツールの一つであることが分かる。

それは上記のろんちさんの動画を見てもらってもよくわかる。通常のマンガ形式で複数回続いた物語に4コマでは1回でたどりついている。勿論そのために随分と削られたものもある。

しかし原作が壮大である以上違和感なく物語を削減するツールとしての4コマというのはやはり有用であるのだな、というのが今回読み終えたときに思ったこと。

関連作品

ニコニコで連載中のマドケン。天才少女とそれを取り囲む少年たちの物語。基本的にゆるく気軽に見れるのでおすすめです。

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

新品価格
¥1,260から
(2011/7/15 17:19時点)

関連・・・いえ、むしろ原作です。魔王軍と人間の戦争は止まらない。それは正義のためでも悪のためでもない。もう世界はそのシステムに飲み込まれているのだ。「丘の向こう」を目指す者たちの物語。

« Rewrite攻略開始しました | トップページ | それは人間の物語~コクリコ坂を見てきた~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Rewrite攻略開始しました | トップページ | それは人間の物語~コクリコ坂を見てきた~ »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン