2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「動画]世界の戦争の歴史 | トップページ | すべての20<トゥエンティ>を愛する者たちへ »

2010年12月 2日 (木)

最近読んだ本の紹介

ちょっとブログに書くネタがないので更新が止まっていました。

惑星のさみだれ10巻買ったらおそらく書くことがあるんじゃないかなぁ、と思うけどそれまで更新しないのもなんだからちょっとラノベとコミックの紹介です。

「どうしても読んでほしい!」とかではないので、参考程度に見てみてください

ヘルズキッチン

ヘルズキッチン(1) (ライバルコミックス)

新品価格
¥440から
(2010/12/2 00:11時点)

ココロコネクト

ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)

新品価格
¥630から
(2010/12/2 00:23時点)

祝もものき事務所

祝もものき事務所 (C・NOVELSファンタジア)

新品価格
¥945から
(2010/12/2 00:35時点)

ヘルズキッチン(1) (ライバルコミックス)

新品価格
¥440から
(2010/12/2 00:11時点)

これは、けっこう面白かったです。

一言で言うなら「『魔人探偵ネウロ』を料理マンガにした!」って感じの内容。

平凡な少年守谷 悟の元に現れたのは「悪食伯爵」ドグマ。かれは究極の食材「最高の料理人」(文字通り「人を喰う」)を求めて魔界から人間界にやってきた。いくら料理人を食べようと満足しない彼は決意する「そうだ。おれが最高の料理人を作ればいいんだ」(そしてそいつが育ったら喰う)。サドで鬼畜な悪魔に付きまとわれる少年の運命やいかに。

設定が「ネウロ」を下敷きにしているような感じなんですよねー。とはいえ、真面目に料理マンガをやっているしこれはこれでアリかなと思いました。

なかなか面白いのは「道行く料理人に喧嘩を売る」ってこと。料理マンガなのに、バトルっぽい要素が盛り込まれていて気楽に読めた。

たぶんこれからネウロっぽい感じで主人公が成長したり、それに悪魔が影響受けたりするんだろうな―と期待を持って見つめてる。

ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)

新品価格
¥630から
(2010/12/2 00:23時点)

ある日何の前触れもなく「人格の移動」が行われるようになってしまった部員たちの物語。ボクはキミで、キミはアナタ。アトランダムに人格が肉体を移していく果てに彼らは何を見るのか?

これもけっこう面白かったです。1巻の真ん中くらいまで感情移入できなかったけど、そこから先はなんとか入りこめた。

人格がアトランダムに交代するというのは一時的にせよ「本来のじぶんとは別の人生を歩く」ということです。

そのさきで「元の肉体の持ち主」が知られたくない出来事を知ってしまったり、行動をとってしまうかもしれない。

そういう「怖さ」を表現しながらもあまり踏み込み過ぎないで「エンターテイメントしている」のは面白かった。

最近ファミ通文庫で押している「BAD」「空色パンデミック」「ココロコネクト」のうちでは一番好みだったかな(あくまで個人的意見)。

祝もものき事務所 (C・NOVELSファンタジア)

新品価格
¥945から
(2010/12/2 00:35時点)

……これは、すごく変!!

機会があれば記事に出来るくらい変な話です。

探偵だけど探偵ではない。エンターテイメントだけどエンターテイメントともいいきれない。事件はあるけど推理はできない。登場するのは「変人」ばかり

ここまで「変」なキャラを自然に出してこれる茅田さんはさすがだな~。という作品。

非常に笑わせてもらいました

<追記> 

茅田さんのキャラたちは「銀河英雄伝説のキャラ」を「背景とか設定とかによる重さを排除してキャラだけ一人歩き」させたという印象がある。

« 「動画]世界の戦争の歴史 | トップページ | すべての20<トゥエンティ>を愛する者たちへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだ本の紹介:

« 「動画]世界の戦争の歴史 | トップページ | すべての20<トゥエンティ>を愛する者たちへ »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン