2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« まさか破りやがったww | トップページ | まさかのプロ登場w »

2010年10月11日 (月)

善吉の周りの関係性が今後の展開を定める!!…かも?

え~と、以前こんな記事を書きました。覚えている人は覚えているかもしれない。

善吉って主人公なんじゃね!?と感じた話 めだかボックス 第66箱「だったらどうだっていうのさ」 感想

んで、今回のジャンプ「第70箱 好きだぜ」の展開がすごかったので、またちょっとこのあたりの話をしてみようかなと思います。

(今回は短く書く)

いま考えているのは、めだかちゃんの立ち位置なんです。

善吉が主人公に見えるという話は前回したんですが、ではめだかちゃんはどこなんだろうって考えると難しいところなんですよね。

たとえば(あまりいい方法ではないけど)西尾維新さんの著作『戯言シリーズ』とキャラを対比させてみると少しわかりやすいかも知れません。

Photo

この作品の主人公「いーちゃん」はその相対する相手を2人もっています。

零崎人識と西東 天。

そこで図のようにキャラを当てはめてみます。

え~と話してなかったけど、わたしは球摩川を「善吉に相対するキャラ」として見ています。

このあたりは善吉がモノを腐敗させる女の子に惚れられたときに球摩川くんの言った「あんな男に惚れちゃいけない」みたいなセリフとか、闘う直前にいわれた「そうすれば君は僕のようになれる」とかのセリフの辺りから判断しています。

善吉と球摩川がかがみあわせとして見ているんですね。

そこで、いま悩むのはめだかちゃんの立ち位置。

候補は3つあって

1)玖渚

これは幼馴染だって言うのと、最後まで「孤高」であったから(まぁ、最後の最後はいーちゃんの望みをかなえたけど)。要は、相対するモノのいない「絶対者」に近いかな。ここが一番有力な気がします。

2)西東 天

これだと善吉が相対者になります。かれは実験の結果世界から半歩「ずれた」存在だからよりメタなキャラである。ここにたつとめだかちゃんはメタよりなキャラになるのかな

3)哀川 潤

これは文字通り「最強」の存在。めだかちゃんとしてみるとちょうどいい立ち位置。でもこの場合、相対者が必要かな。それで誰がくるか考えると、思いつくのは不知火。一番「得体が知れない」からってだけなんだけど、まぁそれほどずれてない配置なきもする。

勿論、こんな風に相対者がいるのかどうかというのも考える余地のあること。

ただ、この3パターンのどれになるかで展開は変わってくる(もちろんこれをはるかに外される可能性も高い)

でも一番ありそうなのは1)、次いで3)かなぁなんて思う。

そんな思いつきを書きとめた記事でした!!

めだかボックス 6 (ジャンプコミックス)

新品価格
¥420から
(2010/10/11 23:27時点)

追記

いーちゃんの「弱さ」は善吉の「臆病」、玖渚の「異常」とめだかちゃんの「アブノーマル」は近いイメージあるかなぁ(関係的に)…って、思いつきもある

« まさか破りやがったww | トップページ | まさかのプロ登場w »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 善吉の周りの関係性が今後の展開を定める!!…かも?:

« まさか破りやがったww | トップページ | まさかのプロ登場w »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン