2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 勝つために全力を尽くす | トップページ | なんか、不思議 »

2010年10月 6日 (水)

月刊誌について感想でも

この記事は1分程度の記事です

5日に月刊マガジンとジャンプSQを読んだ感想について

月マガといえば、今月から「修羅の門」が再開していますね。

4部のあとの物語を威勢よくすっ飛ばすというのは、よくある手段だけどいいなぁと思います。

やはり今回から入ってくる新規読者はいるでしょう。そういう人たちからすれば、この展開は比較的読みやすいと思う。

しかし、そのせいか展開は溜めてるように見えます。九十九の中の修羅が目覚めるのはまだずいぶん先かもしれません。ゆっくり見守っていきたいと思います。毎回じんわりと盛り上がっていく話を書く方ですしね。

修羅の門(1) (講談社漫画文庫)

新品価格
¥683から
(2010/10/6 00:27時点)

たいしてジャンプSQ。

・・・これはすげぇ!!ある意味修羅の門とは対極のスタート

今回から開始された「To LOVEる ダークネス」はすごいですね。

何がどうすごいとか、具体的なことはわからないんですが、とにかくすげぇ

迷い猫オーバーランの描写で「この人がヌードを書くとこんなになるのかぁ」と感心したことがあるんですが、その経験が今回の連載に生きています

矢吹さん解放されたんだな・・・

少年紙と言うくびきから解放された矢吹さんはすごいですね。少年紙という制限のある中でこれでもかと健全なエロスとストーリーを組み合わせていった経験に、SQは此処まで書けるという迷い猫での経験。

これらが合わさるとこれができるのか。

ちょっと既刊をまとめて読みたくなってきたぞ(ブラックキャット以外)

両方これから楽しみ

追記

絵はホントにエロいはずなのに、見ている方ではジャンプ本紙の時を上回る「健全なエロス」を感じたからかもしれない。そんなのあり得るのかぁ、と

迷い猫オーバーラン! 1 (ジャンプコミックス)

新品価格
¥500から
(2010/10/6 00:26時点)

To LOVEる-とらぶる 18 (ジャンプコミックス)

新品価格
¥420から
(2010/10/6 00:26時点)

« 勝つために全力を尽くす | トップページ | なんか、不思議 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊誌について感想でも:

« 勝つために全力を尽くす | トップページ | なんか、不思議 »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン