2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« [18禁] これはこれで一つの世界―この世界を知りたいと思った― | トップページ | 無数の可能性を秘めた物語と「約束された結末」 -探偵オペラ ミルキィホームズ― »

2010年10月23日 (土)

音楽内蔵の電子書籍でないかな(つれづれなるままに書いてみる)


丘ルトロジック 沈丁花桜のカンタータ

新品価格
¥600から
(2010/10/23 12:01時点)



子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき

新品価格
¥580から
(2010/10/23 12:02時点)


この動画見て思ったんですけど、音楽って作品の印象を左右する力があるよなぁ、と。

もちろん「音楽つきの本」としてだけ売りだしたなら問題だけど、一般の本屋の本に加えて「音楽つきの電子書籍」として売り出すのはありだと思う。

本に合わせるならピアノ音楽とかちょっと荘厳なオーケストラっぽいのが個人的にグッド。場面場面にあわせて曲なんて変わらなくてもいい。「音楽をかけて本を読む」ことで新たな楽しみを創出している人はいるので、それを意図的に売って欲しい気がする。

……あれふと気付く、それってiPadとかで「音楽流しながら電子書籍読む」とかでいいんじゃ……

ってことは、電子書籍化したときに「推奨音楽」とそのURL用意すればいいんじゃ……

« [18禁] これはこれで一つの世界―この世界を知りたいと思った― | トップページ | 無数の可能性を秘めた物語と「約束された結末」 -探偵オペラ ミルキィホームズ― »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« [18禁] これはこれで一つの世界―この世界を知りたいと思った― | トップページ | 無数の可能性を秘めた物語と「約束された結末」 -探偵オペラ ミルキィホームズ― »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン