2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« らでぃっしゅぼーやの食材(2) | トップページ | 補足 アリエッティはなぜすばらしいのか?3 »

2010年9月11日 (土)

補足 アリエッティはなぜすばらしいのか?2

ずいぶん前のことですが、前回のつづきです。

補足 アリエッティはなぜすばらしいのか?1

 前回、わたしは「子どもの性(あるいは記憶力の増大)を親が勝手にきめてしまってもいいのだろうか」という問に対して「自分でそう生まれたことに納得(対処とも言い換えられる)するしかない」という回答を用意した。
 これは一面正しい。何故かと言えばそれは現実に起こってしまったことだからだ。現代でもあるだろう「なんでこんな親に生まれてしまったんだ」「あんな決断しなければよかったのに」それをどうにかするのは、自分だ。状況を受け入れる場合もあれば、拒否する場合もある。どちらを選ぶにせよ、そうすることで次の行動への選択肢が生じて来る。迷っている間も次々と困難や苦難は列を為してやってくる。次のステップで力を振るうためには前の問題を解決しなければならない。
 しかし、ここで眼をそらしてはならないことがある。この「自己肯定のステップ」とはあくまで、「起こってしまった問題」に対する過程である。子どもが生まれてしまって「から」子どもが乗り越えるべき課題である。問に対する回答として十全ではない。
 もしもこの回答を乱用すると次のような状況も考えうる。

「先生、我が子の四肢を切り落としてしまってくださいよ」「なぜだい」「さぁ。でも、そんな理不尽はこの子が自分で乗り越えますよ」「そうかい。わかったよ」

 ホラーな状況だ。先生納得するなよ。
 この会話を肯定するものはほとんどいないだろう(四肢を切り落とさなければ子どもの命が危ないとかならば別だろうが)
 この会話の怖さは「本来の実行者が乗り越えるべき課題を被実行者の乗り越えるべき課題と混同している」ことにある。つまり、親が悩むべき課題「四肢を切り落としてもホントにいいのだろうか」を親が回答せず、子どもが乗り越えるべき課題「こう生まれてしまった自分を認める」に混ぜ込んでいる怖さである。
 ひとことで言うならば「親の無責任」とも言える。
 
 ここまでの話で、次の状況が見えてくる。

Ⅰ.実行者(親)がどのような決定を為したとしても、被実行者(子ども)は不満を持ちうる
Ⅱ.実行者(親)には実行者の乗り越えるべき課題があり、被実行者(子ども)には被実行者の乗り越えるべき課題がある
Ⅲ.一方の課題を答えたからといって、もう一方の課題を答えたことにはならない

 わたしが答えた問は被実行者のものである。実行者の答えるべき課題には答えていない。これが大きな齟齬をきたしている。
 では次に考えるべきは実行者の問題である。今回で言うならば「親は子どもの性(記憶力・身体など)を決めてしまっていいのか」である。
 ん?最初の問と変わっていないではないかという質問が聞こえる気がする。
 それにはあえてNOと応えよう。
 最初の問とは純度が違う。最初の時は「軍事バランス」「経済変化」「子どもの権利」と、さまざまな問題が入り組んでいた。それらをサンデル教授は一つ一つ取り除いていった。わたしはそれに乗っかって、親と子どものこえていく問題は別だということを示した。
 こうすることで「実行者が被実行者に対して行動する時どうすればいいのか」という問の補足条件に(政治・宗教・経済…を考える必要はない)という項目を、暫定的にだが、付け加えることができる。
 それは「子どもの将来」という問題についてもほぼ同様である。(被実行者のことであるから、「考えなくてもいい」というわけではない。実行者(親)が自分の行動の決定に際して「子どものため」という一文で片づけられないようになった、という意味だと思ってもらって構わない)

 さて。これで考える問題は「実行者」単体にまで還元された。虚飾を剥ぎ落された「あなた」の問題にまで持ってくることができた。
 では「あなた」はどうするべきなのか?
 どういう態度をとるのがよりベターであるのか?
 SWAN SONGというゲームを端緒にしてそこを論じていこう。

(つづく)

SWAN SONG 廉価版

新品価格
¥5,143から
(2010/9/11 13:59時点)

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

新品価格
¥2,415から
(2010/9/11 14:03時点)

……今気付いたけど、今回アリエッティのアの字も出てねぇ(汗)

まだ残っているけど、たぶんあと2回。今日中に挙げます。(これで下準備が終了した……ふ~)

ラジオを聞き直した時に問題を感じた部分はここで再構成しています。

« らでぃっしゅぼーやの食材(2) | トップページ | 補足 アリエッティはなぜすばらしいのか?3 »

傑作」カテゴリの記事

動画/読書レビュー」カテゴリの記事

思索的何か」カテゴリの記事

物語解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226196/36674229

この記事へのトラックバック一覧です: 補足 アリエッティはなぜすばらしいのか?2:

« らでぃっしゅぼーやの食材(2) | トップページ | 補足 アリエッティはなぜすばらしいのか?3 »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン