2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« ちょいと山形まで | トップページ | 『読み方』のHow to 講座 »

2010年2月 2日 (火)

帰ってこれたぁぁぁぁ!

山形県黒川地方の伝統行事「黒川能」を見に行ってくるたび。かえってきました。

1月31日の夜に出発し、1日朝に蔵王到着。

共同浴場で汗を流したあとに、ロープウェイで樹氷を見てきましたよ。なにやらテレビも樹氷を撮影しにきていたらしく、タレントの草野さん(?)(不思議発見の人)とかがいました。

わたしたちの前のロープウェイで山頂に向かっていましたね。

ただ困ったことに、山頂は大吹雪。一歩前すら見えない有様です。テレビスタッフもあきらめたらしく、すぐさま下に引き返していました。

逆にわたしたちは別に急ぐたびでもないのでね。のんびり、休憩所でお茶でもしながら晴れるのを待ちました。

20分もすると、サッと晴れたので樹氷を楽しみ、下に降りました。

ちなみにテレビスタッフとは下に降りる直前にすれ違いました。きっと頂上がはれたと聞いて、急ぎで戻ってきたのでしょう。そのころにはまた天気が悪くなっています。残念。

そして昼にジンギスカン、クルミ餅にずんだ餅を食い。お土産を買い。今度は黒川に出発です。

お能に関しては割愛。

あの雰囲気を口で伝えるのは大変なので、機会があれば行ってみてくださいな。

ただ、「黒川能」といっても地元の人にとっては、ただの「地域の祭り」なんですね。「神楽」の代わりに「能」を奉納するだけってだけで。だから踊り手もそこらへんの近所の人たち。子どもも踊れば、じいちゃん、兄ちゃんも舞います。ほとんど身内の祭りと変わりません。

だから観能中は、飲み食い自由だし小声なら会話もできます。

ああいうラフな空気の中で能を見るってのも、個人的には好きですね。その辺の近所のじいちゃんたちと世間話をし、酒を酌み交わし、干し柿をもらってとかなりのびのびしてきました。

予定があるから途中で抜けてきたけど、今度機会があれば最後までいてみたいかもしれない。行ってきて、けっこう、楽しかったですよ。

ぐだぐだ、だらだらできるのが(私にとっての)素敵なポイントです。

私の場合。生まれが雪国なので、雪は苦ではなかったですしね。

« ちょいと山形まで | トップページ | 『読み方』のHow to 講座 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってこれたぁぁぁぁ!:

« ちょいと山形まで | トップページ | 『読み方』のHow to 講座 »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン