2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 『読み方』のHow to 講座 | トップページ | (近況)ヤバいです。明後日からテストですよ。 »

2010年2月 6日 (土)

『魔法戦記リリカルなのは Force』と『サマーウォーズ』2巻の(かんたんな)感想

両方読みました。

個人的には結構好きな両者です。『魔法戦記』のほうは物語初の男性主人公とのことですが・・・・・・インパクト自体は少ないかな(好きなんですけどねこういう作品)。ただ、どうしても『RPG』みたいなイメージをもって見てしまいます。『スターオーシャン』とか『ワイルドアームズ』の雰囲気です。とはいえまだまだ一巻にすぎません。ここから、さまざまな思惑がうごめきだし。一つの物語が展開されていくでしょう。それに今作は『魔法戦記』ということなのでね。今までよりも、もう少しだけワイド視点(キャラクターの内面に寄り添わない視点)で描かれているのかもしれないのかな、なんて印象をつらつら感じてみたり。それにしても『vivid』と見比べてみると物語の描かれ方の違いがはっきりしていて面白いですね。縦(れきし)のつながりと横(せかい)の広がりや、狭い地域でキャラクターの関係を見るもの(ナロービュー)と広い地域でキャラクターの連動をみるもの(ワイドビュー)の違いとかが見て取れます。

つぎに『サマーウォーズ(2)』。

これはマンガとして再構成してあって面白いですね。映画版では群像劇、主役のいない物語という様相もありました。たいして今回は『主人公の成長物語』として描かれ直しています。「栄ばあちゃん」が主人公になにを残して逝ったのか。補足がなされています。他のキャラ達も健二君の行動に言及しており、『ケンジ始点のサマーウォーズ』が確立していますね。これだけで十分わかるようになっています。『映画版は好きではないけどマンガ版は好きだ』という人もいると思います(逆もありそうだけど)。さてさて、次で完結だそうです。どのようにまとめてくれるのかが楽しみですね。

追記

それにしても。以前も書いたが、翔太の行動には怒りしか感じられん。かれにはかれの理屈があって行動しているのはわかるのだが・・・・・・それでも、軽挙にすぎるとしかとらえられないよ。それが何故かというと。彼の行動が年少三人組の行動とかぶるから。キング・カズマの最初の敗北の一因である『子どもの邪魔』とラブマシーン封じ込め計画の破たん原因『翔太の邪魔』が同じように見えるんですね(そういう風に作られているのかもしれないけど)。うん。だから、彼のことはあまり好きになれませんね。残念ながら。

« 『読み方』のHow to 講座 | トップページ | (近況)ヤバいです。明後日からテストですよ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『読み方』のHow to 講座 | トップページ | (近況)ヤバいです。明後日からテストですよ。 »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン