2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 今日買ったもの | トップページ | 『1×10 藤宮十貴子は懐かない』 読了 »

2009年9月21日 (月)

「ちはやふる 6巻』 感想

51lz6ebv9il__sl500_aa240_ 5巻でクイーン・若宮詩暢に惨敗した主人公綾瀬千早(一矢報いたけど)。クイーンの圧倒的強さに追いつくために千早は一層の練習を課す。より早く、より鋭くと。それを見た原田先生は千早に「早くとるのをやめなさい」という。

という引きで終わった前巻でしたので、続きが気になって仕方なかった。

いや~、今巻も面白かったわ。今回特に注目したいのが、金井 桜さんと大江 奏ちゃん。今回初登場の金井さんはいいキャラだった。なんていうかすごくバランスがいい感じです。一つ一つの動作にハッとさせられる動き(特に笑顔)があり、「いまでも夢はクイーン」という彼女の人生の積み重ねを思うとふいにぐっときてしまった。サマーウォーズの栄ばあちゃんの手紙の束や電話といい、私は人が人生において積み重ねてきたものとかに弱いらしいです。個人的にはまた是非再登場してもらいたい。

次が奏ちゃん。本編でも書いてあるけど、確かに彼女の立ち居振る舞いは一つ一つ美しいです。これもまた長い積み重ねの果てに身に付いたものです。やっぱりそういうものに注目してしまうみたいです、私は。彼女と机くんの試合は(個人的に)ちはやふるでBEST3に入る名勝負でした、彼らの駆け引きや、心情、在り方がよく表れていてとても良かった。それにしても「女たるもの 美しくなければありません 戦うときも」というシーンは奏ちゃんの行動が伴うことでとても説得力があった。これからの成長に期待して見ていきたいです。

次巻の発売はいつだろう?結構待ち遠しい。

追伸 現在「ちはやふる」での(個人的)美人ランキングが

  1. 若宮詩暢
  2. かなちゃん(袴で試合バージョン)
  3. 千早(口を開かないとき)

になっています(一応のところ)。

« 今日買ったもの | トップページ | 『1×10 藤宮十貴子は懐かない』 読了 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226196/31468892

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちはやふる 6巻』 感想:

« 今日買ったもの | トップページ | 『1×10 藤宮十貴子は懐かない』 読了 »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン