2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 『Le;0―灰とリヴァイアサン (一迅社文庫)』 感想 | トップページ | 今日買ったもの »

2009年9月16日 (水)

笑い死にそうだった

51qs70mditl__sl500_aa240_ 『はじめての甲子園』6巻読みなおしたら、ヤバかった。

ネタも落ちもわかっているのに意地でも読者を爆笑に持っていく作者の力量が恐ろしい。まだ読んだことない人は是非1巻から6巻まで通して読んで欲しい。

実際この作品すごいと思う。最近の連載ではシリアス路線中心だけど、いざという時のギャグの切れ味が半端ない。覚悟してても耐えきれない。6巻の外伝なんかまさにという感じ。

この作者、私のツボです。

« 『Le;0―灰とリヴァイアサン (一迅社文庫)』 感想 | トップページ | 今日買ったもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑い死にそうだった:

« 『Le;0―灰とリヴァイアサン (一迅社文庫)』 感想 | トップページ | 今日買ったもの »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン