2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 原因判明 | トップページ | 鳩山さんサマーウォーズ見たの!? »

2009年9月 9日 (水)

『オオカミさんとスピンオフ―地蔵さんとちょっと変わった日本恋話 』 読了

514ur6z4ml__sl500_aa240_ いや~、面白かった。ちょっと変わった地蔵さんと無愛想なおっさん顔な花咲さんの愉快な恋話です。オオカミさんシリーズはなんか好きですね、私。決して「大絶賛!」ってわけではないんですが、出たら必ず買います。なんか自然と買っちゃってます。気づいたらこれでオオカミさんシリーズ9冊も持ってるそうです。ちょっと驚きです。

で、それが何でなのかよくわからなかったんですが、今回のあとがきでなんとなくわかりました。私はこの作者のスタンスが好きなんだな~、と。もちろん本を読んでるんだから当然のことです。しかし、日頃からなんとなく思っていることをこの作者は体現してくれているんですよ。

作者はあとがきで次のように言っています。『…意地でもハッピーエンドにしたい私なので、もちろん都合のいいハッピーエンドになりました。ご都合主義万歳です。』(p331より)

ええ、ご都合主義万歳です。それで構いません。

もちろんシリアスストーリーでまるで伏線もなくご都合主義をやられたらそれは文句を言います。物語である以上それなりに構成をしっかり取ってほしいし、そうでなくては読んでる人間が置いてけぼりにされてしまいます。他にもキャラクターが立っているかどうか、そのキャラクターが物語にあっているかどうかなど、いろいろあるんですが、これはそれをクリアしているんですよね。そのうえで先ほどの作者の発言です。

なんか書き手の愛を感じました。言葉で言うほど『ご都合主義』だらけの物語は簡単ではないと思いますよ。『ご都合主義』をするためにはまずそれを許す土壌が物語に必要です。それを可能にする魅力的なキャラが必要です。「こいつらならやっちゃうかも…」って読み手に思わせる、そういうめちゃくちゃを可能にする魅力が必要です。他にも書き手側の技術なんかもあるのかもしれません。そうして読み手に受け入れられるようにしないといけない。それらを達成したうえに『ご都合主義』に拘るってのは何かイイよね、ってそんな感じです。

現実でも、小説でもそう簡単には『ご都合主義』は起こりません。特に小説では起こっても受け入れられるか分かりません。そんな中、『ご都合主義万歳』というこの作者のスタンスは読み手(私)にとって一つの救いだよな~ってそんなことを考えたんですよ。ちなみに『夜明け色の詠使い』シリーズはそれのシリアスバージョンと言いかえれるかもしれません。だからあれほど琴線に触れたのかもしれないなと思います。

…と、真面目な話はそれくらいにして各話の感想に移りましょうか。

「地蔵さん花咲さんと出会いながらうきゅーとか言いながら恩返しをする」

三巻の地蔵さん視点からの物語ですね。もうタイトルがストーリーの大半を語っているので言うことは特にないんですが、「やっぱり地蔵さんはおかしかわいいですね」ってことでしょうか。花咲さんはいい男です。

「地蔵さん現れたライバルにあわあわして変な風に頑張る」

…これもタイトルがストーリーを表しています。どうしましょう?仕方ないのでストーリー以外に感想を見出しましょう。

えー、まず宇佐見さん。この人イイですね。生徒の大半が「貸し」を作るのにちょっと尻込みする「御伽銀行」に友達のために貸しを作る。それが全く自分のためではないのに…という所にトキメキました。これでりんごさんとキャラがかぶってなければ…とある意味残念な限りです

そして田貫さん。本編でも見事なお釜っぷりを見せてくださいましたが、やっぱりいいお釜です。この彼女(?)の男を見る目はやっぱり素晴らしいです。失恋は残念だけど、秘密を共有できる友達が出来て良かったね!って感じです。

「地蔵さん花咲さんにくっついたかわいいこぶに母性全開になる」

花咲さんに隠し子!?な回です。内容は見て楽しんでください。作者の意地が現れた素晴らしい回です。それにしても毎回徐々に近づいてく2人ににやにやです。見てて楽しいです。

りんごさんが敬語を使われるようになっていく過程に吹きました。映像で見てみたいです。電撃文庫一〇〇〇〇〇〇〇〇(一億)冊突破記念のイベントの一環で映像化してくれないかしら??

「地蔵さん大きい器と小さい器のどちらを選ぶのかの選択を迫られることになる」

一つの巻の完結編です。大団円です。よくある定型の物語だけど、それがいいです。

…さて、次は本編ですね。元々予定上では本編は全10巻予定だそうなので、変わってなければあと2巻で完了です。最後までついてく予定ですよ。

« 原因判明 | トップページ | 鳩山さんサマーウォーズ見たの!? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 原因判明 | トップページ | 鳩山さんサマーウォーズ見たの!? »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン