2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 買った | トップページ | 9月24日の実習―ちょっと詳しい日記 »

2009年9月25日 (金)

『ゴッデス! 1.女神さまって大変なの♪』 読み終わっった

51xb02nnjkl__sl500_aa240_ 最初は違和感を持って読み始めたのだが、終わりころにはその違和にも慣れてきた作品。話がまるでRPGのようなので、妙な既視感がつきまとって仕方がなかった。ただ慣れてみると(もうこういう世界観なのだと割り切ると)後半からはそれなりに楽しく読めた。

読了してから初めて気づいたのだが、著者はひかわ玲子さんとのこと。妙に納得してしまった。ひかわさんは『三剣物語』で知り、コバルト文庫を始めとしたいくつかの作品で時折読ませてもらっている作家さんである。

私の場合、この方の作品は最初慣れるまでにそれなりに時間がかかる。純然たるファンタジーならそれほどではないのだが、現代が絡む物語となるとそれが一層促進される。この作家さんが純ファンタジーよりなのでライトノベルのようなキャラとの親和性があまり良くないのかもしれないと思う。

ひかわさんの場合、どちらかというと、キャラを立てた物語より、物語を中心とした歴史物語のような作品の方が好き。

私が今回後半で違和感を感じなくなったのはキャラ読みから物語の流れを追う読み方に変えたからではないかと思う。

そう読むと異世界に飛ばされた主人公たちがファンタジーな体験をしながら世界の危機などを救っていく正統派なファンタジーの傍流にある物語(なんか表現が変だが)と読めて素直に楽しめたのだろう。

幼馴染が敵側に周っていたり、親友が常に傍で支えてくれたり、(主人公が)味方だと思った相手が裏切ったりなど、改めて考えると結構典型的なファンタジーですね。

ちょっとこの読みでちゃんと楽しめるか試したいので、どこかで続きを買って読みたいかと思います。

ゴッデス!(1) ゴッデス!(1)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 買った | トップページ | 9月24日の実習―ちょっと詳しい日記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ゴッデス! 1.女神さまって大変なの♪』 読み終わっった:

« 買った | トップページ | 9月24日の実習―ちょっと詳しい日記 »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン