2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« いや、エヴァってすごいわ | トップページ | これから10日がキモです。 »

2009年7月 8日 (水)

R-15 ようこそ天才学園へ! (角川スニーカー文庫)を読みました

Img028 なんていうか、あんまり得意な作品ではありません。決して面白くなくはないんですけど、すごく記号的キャラクターで構成されていて、私には読みづらいです。

これは、キャラクターを「○○の天才」という記号で固定することを利用した作品なのではないかと思います。これと同系統の作品が同じく角川スニーカーから出ていますね。確か名前は……そう!名前が「マキゾエホリック」!

キャラクターがとても個性的で、結構評価を受けていた印象があります。それと同じ気配があります。ただ、両作品とも私はちょっと苦手な作品です。正直キャラが「個性的」という設定で、逆に「没個性的」なようにも見えます。ある意味意図的に「記号」という枠に押し込んだのだから当然ですが。

そういう風に考えると、似たような設定を用いている西尾維新さんの「クビキリサイクル」とは正反対の作品です。

彼の作品は記号化されても何かその枠を超えた印象があるんですよね。そこが違いなのかもしれない。

とはいっても次が出たら買いますけどね。もう一巻くらい読んでみないと、自分の中の評価を設定しきれない気がする。単純になれない作品タイプで私が面白さを感じきれなかったのかもしれないし。

まぁ、(私にとっても)面白くないとは言い切れない作品だったと思います。

(今回いつもよりも辛口の評価な気がする。なんでだろ?)

« いや、エヴァってすごいわ | トップページ | これから10日がキモです。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

初めまして!ラノベの感想サイト「晴読雨読日記」の管理人をしているsi-ta001と申します!

この度はトラックバックを送っていただき、ありがとうございました。

まだまだ始めたばかりの未熟者ですが、これからもよろしくお願いします!


>>ある意味意図的に「記号」という枠に押し込んだ

私も律なんかは最初読んだ時はホントに型にはめた性格だな~と思いましたが、丈途に徐々に染められていく(?)辺りからはあんまり気にしないで読めましたけどねw

これからキャラたちがどう動いていくのかということが気になる、という点でも私は次巻が楽しみですよ。

いえいえ、こちらこそ最近始めたばかりなのでよろしくお願いします。拙い文章ですが、少しでも楽しんでもらえれば良いかと思います。

そうですね。周りの方々の反応を見させていただくと、私のような感想の方が少ないように思えます。
そのため、おそらく私にはまだあの作品を楽しむための要素が足りていない部分があるのではないかと思います。どのような要素が足りないのかはわからないのですが、しばらく時間がたって(具体的には2巻が出るあたり)から読み直してみたいかと思います。もしかしたら慣れの問題かもしれませんし。

……まぁ、2巻の頃ではいつの間にか慣れてしまって今回とは違い大絶賛している可能性もありますけどね。実際林トモアキさんの「お・り・が・み」がそのパターンでした。

実際楽しくないわけではなかったので、2巻には期待を持っている部分はあるんですけどね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R-15 ようこそ天才学園へ! (角川スニーカー文庫)を読みました:

» 『Rー15 ようこそ天才学園へ!』の感想レビュー(ライトノベル) [萌えレビュ!]
角川スニーカー文庫のラノベ、『Rー15 ようこそ天才学園へ!』(伏見ひろゆき先生原作、藤真拓哉先生イラスト)が発売中です。 表紙はヒロインの天才クラリネ... [続きを読む]

« いや、エヴァってすごいわ | トップページ | これから10日がキモです。 »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン