2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« ……やっと | トップページ | 付け加え »

2009年7月 6日 (月)

エヴァンゲリオン新劇場版:破 の感想

Img027_2 やっといろいろ落ち着いてきたので映画の感想でも書こうかとおもう。昨日は忙しくてまるで書いているひまもなかった。テスト期間も近いし、車の教習も入っているのでいつもよりも書き込みがぐんと減ると思う。

それで感想。「すげぇ!」まずこの一言に尽きる。他の方々も書いているけど、これは今年最高の映画の一つになると思う。テストが終わったらまた行ってくる。情報量が多いから、何回か見ないとわからない部分も多いと思う。だから最低あと一回は行ってくる。

上の画像はパンフレットのもの、映画が終わったら買って読んでみてほしいかな。鶴巻監督の話とかがすごく興味深い。

まず映像が凄い。新作のカットの出来がめちゃくちゃ良い。戦闘シーンの迫力とかが最高です。後で指摘されて初めて、これがCGだったのかという場面も多い。これは映画館で見ないといけないと言っている人の気持ちがよくわかった。私個人はあまり映画館は好きではないのだけど(前見に行ったのはクラナドの映画、その前は鋼の錬金術師-シャンバラを征くもの、さらに前に至ってはAIR劇場版くらい)今回に限り、今までの意見を変える。自宅内に最高の音響機器と壁一面すべてハイビジョンテレビのような家の人以外は一度映画館で見るのをすすめる。

それにしても新キャラがすごくいい。友人にはそれが嫌だという人がいるけど、私の意見は逆。むしろ善(よし)。今回の新キャラマリには期待大。こういうキャラクターを待っていたというくらい。

まだ映画を見れていない人や見ていない人も多いだろうから、あまり詳しくは言えないのだけれど、パンフレットに書いてある庵野監督の性格とかは私の予想を補強するものであった。深い話は(忘れていなければ)また今度映画を見終えてからもう一回書きたいかなと思う。大半のテストは7/22に終わるから、それから映画をみて、感想という流れになると思う。(それぐらいなら、ネタばれした感想書いても大丈夫だよね……多分)

で、ここから(もう少し突っ込んだ)内容の感想(少しはネタばれあるかもしれないから、映画で楽しみを減らしたくない人はあまり見ない方がいいかも。できるだけ注意はします)

……いいよね。書いても。

いや、映画を見ていて思ったんですけど、、マリって戦闘狂ですよね。すごく楽しそうな闘いを行う。これみていて、「あっ、今までとは違うんだ」って素直に思えた。パンフにもあるけど、ここまで「陽」性のキャラはいなかった。エヴァは「陰」の気が強く(だからこそいいんだって部分も当然あるんだけど)、今の時代はそれはもうやめにしてほしかったというのが私の感想。

だって、せっかく新しく映画化したのに今までの謎を残したまま終了というのは勘弁してほしかった。もちろん一部謎が残るのは仕方ないとは思うし、当たり前のことだとは思う。しかし、物語の中核を成す謎ぐらいは明かしておいてほしい。せっかく10年待ったんだから、というのが正直な気持ち。

そこでマリの登場。これは今までにエヴァになかった新しい風だと思う。彼女の存在が(また映画を通して謎が増えるだけかもしれないという)不安を切り開いてくれるかもしれないと期待している。(もちろん不安が払拭されたわけではないあくまで“希望”という程度ではあるけど、パンフにある庵野監督の性格を考えるとむしろ不安は大きくなっている。鶴巻監督にも期待をかけている最中)。

それにこのエヴァンゲリオンという物語はすごく”単純”な物語なのではないかと私は考えている。この直観は「ひぐらし」のゲームをやっているときに不意に訪れた。あくまで私の勘だが、ひぐらしとエヴァは構造的に同じつくりをしているのではないかと思う。ひぐらしでは主人公の圭一以外の視点を通すことで物語の全景が見えた。特に羽入の存在が大きい。今回の映画版ではマリとカオルがひぐらしにおける梨花と羽入の役を果たしてくれるのではないかと考えている。

実際、序の赤い海を見ても思ったが、この映画版は2週目なのかもしれない。その辺の構造も近いのではないかと思う。例えば、前作のエヴァはひぐらしにおける「鬼隠し篇」に相当していたのではないかと思う。アニメだから当然のことだがシンジ以外にも視点は描かれる、そこには「綿流し」や「祟り殺し」の要素に相当する部分はあったのかもしれない。しかし、それはあくまでも圭一の別視点を描いたものにすぎなかった。エヴァではシンジ、アスカ、レイ、ゲンドウといった視点は描かれてはいるがそれは(私の感覚やパンフの情報も考慮に入れると)一つの存在の別視点を描いていたようなものではないかと思う。

その意味では、羽入、もしくは敵方の視点などは望むべくもない。歪んだ情報ばかりが与えられて、私たちは「ああでもない、こうでもない」と慌てふためいて他にすぎないように思う。ひぐらしが問題編を出して、解答編を出さなかった状況に近いのかもしれない。

……なんか興奮してきて、文章があれてきた。あと少し書いて今回は終わろう。最後に、映画の最後におけるシンジの行動に言及しておく。

これはkaienさんも書いている(というかこれを見たから映画館に行く気になったのだが)通り、今回のシンジは今までとは一味違う(ここであくまで“一味”と書いた理由は後で書く)。

確かに今回のシンジは前回までのとは異なり、どちらかというと“積極的”な怒りをもって行動しているように思う。前回までは“受動的”だった。前回は、外部の刺激に”反応”しただけの怒りだったように思う。それに対して今回はそうではない。あくまできっかけは外部だったが、今回の場合は“自分がこうしたい”という願い(のようなもの)を伴った怒りだった。こういうことを指してkaienさんは「あなたは碇シンジを好きになる」と書いたのかもしれない。

こういうことを考えて、私もおおむねはシンジに好感をもてた。ただ気になるところも当然ある。

それはシンジの“視野”についてである。彼は確かに今までと“一味”違った行動をとった。それは確かに評価すべきことだし、新しい一歩なのかもしれない。だけれど、彼はそれでも“狭い“視野のまま行動を起こしているような感覚があった。思い返してみると、”どのような点”がとは具体的には説明できない(もう一回見てこないと、忘れている部分があるしね)。あくまで、物語全体を通してみたとき映画の“ある部分”でそれが結実して現れたように思う。ただ、このことは一言述べておきたかった。変な言い方かもしれないが、碇シンジは今までとは違う所も多いが、根本はそれほど変わっていないと思う。異なる理由、反応を持って動き行動してはいるが、その”思考”の源泉は変わっていないように思う。

このため、もしかしたらまた同じような結末になるのではないかという不安はある。キーはシンジたちが“変われる“かにあるのかもしれない。その重要なファクターとしてマリには期待している。エヴァという物語に取り込まれないことを切に願う。

物語全体の評価は今のところ悩んでいる。シンジの行動に対してどう評価を下すかで真逆になる。シンジの“行動”に対しては是、しかしその行動を引き起こした彼の視点(もしくは思考など)を考えると否となる。しばらく悩む。もしかしたら次の映画(Q)まで答えが出ないかも。

ただ、映画自体は一見の価値があると思う。

次も映画館に見に行く。

つづき もう一回エヴァ破見てきた

参考URL(記事を書く前に読みました)

(補足)忘れてた

映画の中で使われた童謡の言及を忘れてた。あれを聞いて、作品が2週目だという印象を強めた。(あと一番最後の一言もそうだけど)

« ……やっと | トップページ | 付け加え »

傑作」カテゴリの記事

動画/読書レビュー」カテゴリの記事

物語解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226196/30425282

この記事へのトラックバック一覧です: エヴァンゲリオン新劇場版:破 の感想:

» [『ヱヴァ:破』を観た(四観目:視姦/弛緩/史観)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆私は、『スターウォーズ』の新作が公開されたときの、アメリカの映画館の前に並ぶ行列で、メディアのインタビューを受けたファンの「あと、5回は観に行くゼ!^^」などのセリフに、白い視線を向けていたものだが、今は気持ちが分かる。  かつて、漫画家のとり・みきが、原田知世に夢中で、一日に何回も『時をかける少女』をビデオ鑑賞していたが、今、私は、その気持ちが分かる。  『ダークナイト』に夢中になって、どなたかが「8回目の鑑賞です」などとブログに書いていたが、今、私には、その気持ちが分かる。  本日の午前... [続きを読む]

» 劇場鑑賞「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 [日々“是”精進!]
 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を鑑賞してきましたオリジナルのTVシリーズをリビルド(再構築)し、新劇場版として生まれ変わった全4部作の第2弾。本作は完全新作をベースに制作、新たなヒロインや新型エヴァンゲリオンの登場などデザインと設定が大幅に刷新され...... [続きを読む]

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」感想 [おぼろ二次元日記]
小雨の中、「序」と同じく、オタな姉とまた見に行って参りました。平日でしたが客席は半分くらい埋まっていました。公式はこちら♪ちなみに「序」の感想はこちら♪以下ネタバレを含みますのでご注意くださいませ。あらすじ:汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ること...... [続きを読む]

» 【映画評】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [未完の映画評]
汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンのパイロットとして運命に翻弄される子供たちの苦闘を描いた新装エヴァ第2弾。 [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [いい加減社長の映画日記]
映画サービスデーということで、会社を早退して、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を鑑賞。 ほんとは、公開日に行きたかったんだけど、かなり満席に近い状態で、断念。 「UCとしまえん」は、平日の夕方に来ることはあまりないので、比較ができないけど、こんなもんなのかな? 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は、大きめのスクリーンで、8〜9割。 平日の夕方5時スタートの会で、これだけ入るとはねぇ。 ヱヴァ、おそるべし。 【ストーリー】 汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シン... [続きを読む]

» 新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド2nd(セカンド) [綾波レイのフィギュアと画像と壁紙と]
酷評されてますね。好きなキャラと声優さんの違うパタンが楽しめるというところでは期待があったのですが。。。 中身が価格に見合っていあい。出来が悪すぎるなどのレビューが続出してます。 個人的にはオススメしたかったのですが、確かにしっかりしたアニメーションで楽しみたいですよね。 とりあえずコミックスから読んでみるか?というのならば、⇒新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド2nd(1) 〜amazon review 『新世紀エヴァン...... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [Akira's VOICE]
頭の中がエヴァ色に染まる見応え。   [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [マー坊君の映画ぶろぐ]
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」監督:庵野秀明声の出演:緒方恵美、林原めぐみ、三石琴乃、山口由里子、立木文彦、清川元夢、宮村優子配給:クロックワークス、カラー概要:汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シンジ。大きな運命...... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [だめ男のだめ日記]
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」監督摩砂雪、鶴巻和哉原作庵野秀明声の出演*緒方恵美(碇シンジ)*林原めぐみ(綾波レイ)*宮村優子(式波・アスカ・ラングレー)*坂本真綾(真希波・マリ・イラストリアス)*三石琴乃(葛城ミサト)*山口由里子(赤木リツコ)*山寺宏一(...... [続きを読む]

» 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 ('09初鑑賞84・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 6月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:45の回を鑑賞。 [続きを読む]

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」みた。 [たいむのひとりごと]
『破』は破壊の”破”。既視感でいっぱいなのに、同じになるのに、全然違うストーリー。要因としては「マリ」という新キャラや新エヴァの登場が大きいけれど、とにかく「ええー」となるサプライズの連続。それは交代... [続きを読む]

» ヱヴァ新劇場版:破~ぽかぽかレイちゃんに胸キュン♪~ [サイネリア~わたしのひとりごと~]
夏コミ原稿の真っ只中ですが、7月3日放送の金曜ロードショーを観てしまうと誘惑に負けてしまいました(笑)。劇場用パンフが売り切れてなかったので一安心。新たなヱヴァをこれでもかと堪能いたしました。... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [いい加減社長の日記]
映画サービスデーということで、会社を早退して、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 」を鑑賞。 ほんとは、公開日に行きたかったんだけど、かなり満席に近い状態で、断念。 「UCとしまえん 」は、平日の夕方に来ることはあ... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [のんびりのーと - ココロコエ edit - by kazunari]
旧版のテレビ版からはや10年。 そして新劇場版として復活の第二弾が公開されました。 以下ネタばれ。 テレビ版とすこしシンクロさせつつ、同じ会話を使っていてもカメラアングルが変わっていたりとなかなか新鮮。そして、内容はというと、さすが映画の時間軸でありシンジたちやいわゆる一般人のいわゆる非戦闘時の普通の日常にたくさん時間を割いていたりしてその分よりいっそう戦闘の大変さが伝わったり。シンジたちのいる世界の海は赤い海。セカンドインパクト前の青い海。そんな青い海を初めて見たシンジは... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [よろずな独り言]
 行ってきました「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」。つまらないレベルでのショックな出来事が二つほどありましたけど。(苦笑)公開間もないので,ネタバレに関しては排除しております。ネタバレとなる感想は,もう少し経ってから(出来たら)アップしたいと思います。そうそう,今回は「やはり来てると思いました。」なんて失礼なことをいう後輩とは会いませんでした。(爆)... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版「破」 [穴にハマったアリスたち]
同年代の方なら、おそらく大多数の人に影響を与えたであろう、例の番組の劇場版。 仕事を正当な手段で放棄した後に、平日昼から見てきました。 前回の「序」のときにも思ったけれど、学生だった当時とは視点が随分変わりました。 登場人物の言動も、製作スタッフさんの仕事ぶりも、全部自分に投影して見てしまう。 私も、懸命にエヴァ機体を支援してる彼らのように頑張ろう。私も、大人の遊び心満載で仕事に取り組んでるスタッフさんのように頑張ろう。 最近休暇が凄く充実して、良い感じで日常が回ってる気がする。 ■ヱヴァンゲリ... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [Art- Mill]
http://www.evangelion.co.jp/ 「エヴァ」の物語は劇場版としてリニュルされて2作目にあたり、1作目からおよそ2年間の時間をかけている。早いか遅いかは意見の分かれる所だが、ボク自 [続きを読む]

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を、もっかい、観てきた [丈・獅子丸の咆哮 (新館)]
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を、もっかい、観てきましたので。 細けぇことを。 ひょっとしたら、あらためて書くようなことではないのかもしれませんが。 [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [blue bleu]
JUGEMテーマ:ヱヴァンゲリヲン  昨日は天気が良くなったので意気揚々とエヴァ破を観て来ました。この日を指折り数えた。公開日まで本当にヱヴァ破は上映されるのか心配していた。延期を覚悟してましたよ。ある程度諦めてもいたのは今まで色々あったからかな…アニメ関係は一筋縄ではいかないものが多い。劇場に集まった多くの人たちを見ているだけでも胸が高鳴る。  面白いのひと言で済ませられるのなら、こんなにも胸が締め付けられたりはしないだろう。ヱヴァはわたしの心臓を壊していきました。   ... [続きを読む]

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観てきた その2 [丈・獅子丸の咆哮 (新館)]
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観てきたので感想などを。。。 既にに凶悪化してしまいました。ネタばれ率、MAXで。 ネタばれしか書いてません。 反転とかもさせてません。 ... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [そーれりぽーと]
オリジナルの面白さはわからず、前作も楽しめなかったけど、とりあえず流行ってるので『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を観てきました。 ★★★★★ うはっ、面白い! 最初から最後まで超ハイテンション。 前作で最も盛り上がったヤシマ作戦バリのアドレナリン出まくりなバトルの連続の間に、キャラクター達の魅力爆発な人間ドラマローパートを絶妙に挟んで描く『破』は、俺のヱヴァンゲリヲンに対する「意味わからんし、くどいし」というイメージを破ってくれました。 ちなみに前作は★3個でした。 ほぼオリジナル通りの展開だ... [続きを読む]

» 狂気の演技 [「いい」加減でいこう USO800]
 今日、エヴァンゲリオン「破」を観てきた。感想は「めちゃおもろいやん!!」である [続きを読む]

» 劇場版「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 [腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::赤]
劇場版「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の続きとして劇場版「ヱヴァンゲリヲン新劇場... [続きを読む]

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 [藍麦のああなんだかなぁ]
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」です。 「序」の感想は、過去記事を参照って書いて [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [ダイターンクラッシュ!!]
6月30日(火) 21:20~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:1000円(買っていない) 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公式サイト 新解釈ヱヴァンゲリヲン新劇場版の二作目。一作目の序は、渚カヲル早くも登場以外は、オリジナルテレビアニメに忠実だったと思うのだが、一転、本作は、しょっぱなから違うストーリーに走っていた。 丁寧な絵と派手な映像で、画面を観ているだけでも圧倒される。 ストーリーは、テレビアニメのアスカ登場あたりのコミカルな感じで当初進むの... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [aKio wAtanabE]
ヱヴァ:破(@EVANGELION.CO.JP)へ。2時間とは思えない見応え。3時間半くらいの満足感と疲労感でした。詰め込み具合も勢いも凄まじい映画だ。劇場もなかなかの混雑ぶり。 原作を知らないので完全に『序』の続きの新作として観たわけだが、終劇時にはもう前半の出来事を思い出せないほどの怒涛の展開、次から次へと現れては"壊れて"いく新しい登場人物達(これはちと一見さんに優しくなさ過ぎなので星一つ減点)。そして骨組みや世界観、全体の流れは相変わらずティザーのまま、物語のフォーカスは碇君の「成長を忌... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [ハリネズミのちょびっとMemo]
コンティニューvol.46 初日に観に行ってきました、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』。 初回上映を狙ってはいたものの、どう見ても一緒に行きたげで初日初回に行く気満々の自分に不機嫌そうな奥様のため、彼女の仕事が終わってからのレイトショーになりました。 まーレイトショーは安いし、東京だけでも16館の全国ロードショーのレイトショーなら結構ゆったり観られるかなー、なんて思っていたのですが...初日とは言え7回目、21:30からの上映回は満席で、会場30分前には満席のため購入不可のアナウンスが。 やっぱ... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [LOVE Cinemas 調布]
オリジナルシリーズをベースに制作した新劇場版4部作の第2弾。前作から2年の月日が流れていますがようやく公開です。本作では新たに登場する4thチルドレンやエヴァンゲリオン5号機、6号機、そしてアスカの名前が「惣流」から「式波」に変わったりと公開前からかなりの話題を呼んでいました。ちなみに鑑賞したTOHOシネマズ横浜ではあまりの満席具合に1公開急遽増やしたほどの人気。超期待の大作です!... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [Brilliant Corners]
最高でした!\(>▽<)/ もう涙が止まりませんでしたよ〜 狂喜乱舞しようにも、 [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン・破 鑑賞感想 [stay_gold.com]
無事初日見てきました。 ここから先はネタバレ満載なので、 必ず自己責任の下で読んでください。 ここまで書いてるんだから、「まだ見てないのに!」とかいうクレームは無視しますのでそこんとこよろしく。 スガイにはマリのコスプレした女の子がいましたが、たぶん前「空の境界」のときもコスプレしてた気がする。 無駄に似ててフイタw ポイント毎にちょこちょこ書きます。 テレビ版で言うと拾九話まで進んじゃったのは意外。 ポスターのキーワードは進行順に出てきて、今見返すと改めてこのシーンかというのがわかる。 1、... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [象のロケット]
汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シンジ。 綾波レイと人気を二分するヒロイン、アスカがエヴァンゲリオン2号機に乗って参戦。 加えて魅惑の新ヒロイン、マリが登場。 謎の生命体“使徒”とEVAシリーズの戦いは新エヴァンゲリオン仮設5号機の参加で、 さらに激しくエスカレートしていく…。 人気SFアクションアニメ劇場版第2弾。... [続きを読む]

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 Beautiful World [はらやんの映画徒然草]
素晴らしかった! 久しぶりに映画を観て、鳥肌がたつ経験をしました。 公開前はマリ [続きを読む]

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(2009) [inuneko]
見ました見ました。 仮新居に朝イチに着くのぞみに乗ったので夜のチケット買って夜に出直す手があるぞと思いついて。 せっかく素敵に箝口令がひかれてるんだから(ボクが世間とつながってないだけか?)ここはひとつネットでうっすら下書きされちゃう前に見とくかと思いついて大スクリーンでツレと。 こんなに話が進むとはなぁ。 初号機がアレをバキンとした時にゃカラダが固まりました。 毎回因果な目に遭う子だな。 まずはイベントとして楽しませてもらいました。 次は終わり頃にのんびり映画として楽しみに行きたいです。 おもしろ... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 若干ネタバレ [なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0]
完全新作!!!!  ということで待ちに待ったエヴァンゲリオンの新作「新劇場版・破」を観てきましたよ!キャッホーイ!!  話は旧シリーズをアレンジした前作「序」とは大きく異なり、新たなキャラクター、新たな展開を見せます。  北極での仮設5号機(新キャラ・マリが搭乗)の相討ちによって第3使途は倒されます。  その後現れた第7の使途は来日したアスカの乗る2号機によって倒されます。  シンジ・レイ・アスカはそれぞれの立場の中で少しずつ心を開いていくものの、日本に押し付けられたエヴァ3号機によりアスカ... [続きを読む]

» 話題作『ヱヴァ』、スクリーン切り裂かれる [Pocketworks : Idea Portal]
話題作『ヱヴァ』、スクリーン切り裂かれる ... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破 [にき☆ろぐ]
さて、映画の日に観てきちゃいましたよエヴァ自体はTVシリーズを見ただけで旧劇場版も序も見てないんですよねそれでも今回はTV版の中盤を再構成したような内容だったので十分楽しめましたけどあと田舎で平日だったこともあり半分ぐらいの客入りで快適に見れましたね〜...... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [ハリネズミのちょびっとMemo]
コンティニューvol.46 初日に観に行ってきました、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』。 初回上映を狙ってはいたものの、どう見ても一緒に行きたげで初日初回に行く気満々の自分に不機嫌そうな奥様のため、彼女の仕事が終わってからのレイトショーになりました。 まーレイトショーは安いし、東京だけでも16館の全国ロードショーのレイトショーなら結構ゆったり観られるかなー、なんて思っていたのですが...初日とは言え7回目、21:30からの上映回は満席で、会場30分前には満席のため購入不可のアナウンスが。 やっぱ... [続きを読む]

» レビュー:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記]
[SFアクション][エンターテイメント][巨大人造人間][人間ドラマ][親子物][リビルド][アニメ][邦画][ビスタ][SRD-EX] 興奮度:★★★★★ ファン向け:★★★★★ ライト層向け:★★★★☆ 監督: (総)庵野秀明、摩砂雪、鶴巻和哉 出演: 緒方恵美、林原....... [続きを読む]

» ハジメマシテオトウサン [*nicoponism]
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 感想メモ 公開されて日も経ってるのに満席でしたよほんとすごい人だった!あまりにも素晴らしすぎて震え・・・た!リアルタイムでTVみて翌日に学校で昨日の放送についてあーで... [続きを読む]

» ハジメマシテオトウサン [*nicoponism]
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 感想メモ 公開されて日も経ってるのに満席でしたよほんとすごい人だった!あまりにも素晴らしすぎて震え・・・た!リアルタイムでTVみて翌日に学校で昨日の放送についてあーで... [続きを読む]

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」色々と新しいんだよ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[新世紀エヴァンゲリオン] ブログ村キーワード  前作公開から、待つこと2年。ようやく公開!「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(クロックワークス/カラー)。興行の方も、公開と同時に好調なスタートダッシュを飾っております。『今回も、サービスサービス!』ってか!?  汎用ヒト型決戦兵器・ヱヴァンゲリヲン初号機のパイロットとして、自ら戦うことを決意した碇シンジ。“ヤシマ作戦”を経て逞しさを増したシンジの前に、ヱヴァ2号機とそのパイロット、式波・アスカ・ラングレーが現れる。アスカはシンジのことを“... [続きを読む]

» 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』 [唐揚げ大好き!]
  真の姿が現れる、新EVA伝説第2ステージ  ■汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シンジ。大きな運命を託された14歳の少年の物語は、ここから未知の領域へ突入する。綾波レイと人気を二分するヒロイン、アスカがエヴァンゲリオ... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版)]
 去年は初日に見に行けたけれど、今年はなかなか忙しくやっと見に行くことができた。  「序」はあまり変化がなかったけれど、今回は最初から展開が違って、前作とはかなり違う話になってきている。  前作の終わり方に満足できていなかった私は、今回の方がいい感じに話が... [続きを読む]

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [C note]
観終わるなりすぐさまもう一度観たくてたまらなくなり、立て続けに次の回を本当に観て [続きを読む]

« ……やっと | トップページ | 付け加え »

カウンター

カテゴリー

楽天アニメ

楽天コミック

ブログパーツ

  • いいねボタン